メインメニューを開く

ボブ・アダムズRobert Melvin "Bob" Adams, 1952年1月6日 - )は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州ピッツバーグ出身の元プロ野球選手一塁手捕手)。右投右打。

ボブ・アダムズ
Bob Adams
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州ピッツバーグ
生年月日 (1952-01-06) 1952年1月6日(67歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手捕手
プロ入り 1973年 3巡目
初出場 1977年7月10日
最終出場 1977年9月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

デトロイト・タイガース時代編集

1973年のドラフト3巡目でデトロイト・タイガースから指名を受け、入団[1]。 この年はA級のレイクランド・タイガースとAA級のモンゴメリー・レベルズでプレイし、レイクランドではリーグ8位となる[2]打率.307を記録した[1]。また、守備では三塁外野を務めた[3]

1974年は、前年にもプレイしたモンゴメリーとAAA級のエバンズビル・トリプレッツで主に捕手を務め、AA級では83試合で打率.263、AAA級では27試合で打率.247という成績だった[3]

1975年はモンゴメリーで捕手として89試合に出場し、打率.283・3本塁打・26打点・出塁率.352を記録[3]。前年のAA級での成績よりも打率や出塁率を向上させた[3]

1976年は、モンゴメリーで7試合に、エバンズビルで105試合に出場[3]。成績は特段際立ったものではなかったが、モンゴメリーでは外野手として、エバンズビルでは一塁手としても試合に出場した[3]

1977年、エバンズビルでは一塁手・捕手を務め、62試合・打率.330・10本塁打・44打点と過去最高の打撃成績を記録[3]7月10日シカゴ・ホワイトソックス戦で9回裏に代打として出場し、MLBデビューを果たした(結果は三振に倒れた)[4][5]。その後も代打としての起用が中心となり、スタメンでの起用は3試合に留まったが[4]、初の先発出場の機会となった8月9日ミルウォーキー・ブルワーズ[4]では4回裏の第2打席にソロ本塁打を放ち[6]、MLBでの初安打・初本塁打・初打点を同時に達成した[4]。その後、8月26日のカリフォルニア・エンゼルス(現ロサンゼルス・エンゼルス)戦では代打で本塁打を記録し[4]、MLBでの最初のシーズンの成績は、15試合・打率.250・2本塁打・2打点だった[1]

続く1978年は、1976年までと同様にモンゴメリーとエバンズビルでプレイし、2チームで合計117試合に出場したものの、打率.199・5本塁打・42打点[3]と打撃が冴えず、MLBでの試合出場の機会もなかった[1]。守備では捕手・一塁・三塁・外野をこなす[3]など器用さを見せたが、この年限りで現役を引退することになった。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1977 DET 15 24 24 2 6 1 0 2 13 2 0 0 0 0 0 0 0 5 0 .250 .250 .542 .792
MLB:1年 15 24 24 2 6 1 0 2 13 2 0 0 0 0 0 0 0 5 0 .250 .250 .542 .792

背番号編集

  • 40 (1977年)

脚注編集

  1. ^ a b c d Bob Adams”. BASEBALL-REFERENCE.COM. 2015年1月3日閲覧。
  2. ^ 1973 Florida State League Batting Leaders”. BASEBALL-REFERENCE.COM. 2015年1月3日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i Bob Adams (Minors)”. BASEBALL-REFERENCE.COM. 2015年1月3日閲覧。
  4. ^ a b c d e Bob Adams 1977 Batting Gamelogs”. BASEBALL-REFERENCE.COM. 2015年1月3日閲覧。
  5. ^ DET19770710”. BASEBALL-REFERENCE.COM. 2015年1月3日閲覧。
  6. ^ DET19770809”. BASEBALL-REFERENCE.COM. 2015年1月3日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集