試合(しあい)はスポーツ遊戯などで競技を行う事、またはその出場記録を指す事もある。競技によっては、「取組」(相撲)・「対局」(囲碁将棋)など別の表現を用いる場合もある。

目次

野球編集

野球においては、試合に出場した選手はどの様な形の出場[1] であれ、試合出場が記録される。また、年単位ではシーズン中に1試合でも出場が記録されれば実働年数1年と扱われる。

投手としての試合出場は登板として区別されることが多い(打撃成績としての試合出場も記録される)。投手が投手以外のポジションで出場することは稀なので、多くは登板数と試合出場数は一致するが、投手以外のポジションで出場したり、交代で告げられたが実際には投げなかった場合などは、打撃成績としての試合出場のみが記録されるため、登板と試合出場の数が一致しないこともある。特に予告先発制度がなかった時代の投手は偵察要員として試合出場が記録されることがあり、登板数と試合出場数が一致しないことが多い。

出場試合数に関する個人記録編集

日本プロ野球編集

通算記録編集
順位 選手名 試合数
1 谷繁元信 3021
2 野村克也 3017
3 王貞治 2831
4 張本勲 2752
5 衣笠祥雄 2677
6 大島康徳 2638
7 立浪和義 2586
8 金本知憲 2578
9 門田博光 2571
10 土井正博 2449
順位 選手名 試合数
11 石井琢朗 2413
12 福本豊 2401
13 伊東勤 2379
14 清原和博 2338
15 新井貴浩 2320
16 山本浩二 2284
17 高木守道 2282
18 中村紀洋 2267
19 山崎裕之 2251
20 山崎武司 2249
  • 記録は2017年シーズン終了時点[2]
シーズン記録編集
選手名 所属球団 試合数 記録年
飯田徳治 南海ホークス 154 1956年
杉山光平 南海ホークス 1956年
佐々木信也 高橋ユニオンズ 1956年
連続試合出場記録編集
選手名 試合数 開始日 終了日
衣笠祥雄 2215 1970年10月19日 1987年10月22日
  • 連続試合出場が記録されるには最低1打席が記録されるか、1イニング以上守備についていなければならない[4]
連続試合フルイニング出場記録編集
選手名 試合数 開始日 終了日
金本知憲 1492 1999年7月21日 2010年4月17日

メジャーリーグベースボール編集

通算記録編集
順位 選手名 試合数
1 ピート・ローズ 3562
2 カール・ヤストレムスキー 3308
3 ハンク・アーロン 3298
4 リッキー・ヘンダーソン 3081
5 タイ・カッブ 3035
6 エディ・マレー 3026
スタン・ミュージアル
8 カル・リプケン 3001
9 ウィリー・メイズ 2992
10 バリー・ボンズ 2986
  • 記録は2016年シーズン終了時点[5]
連続試合出場記録編集
選手名 試合数 開始日 終了日
カル・リプケン 2632 1982年5月30日 1998年9月19日
連続試合フルイニング出場記録編集
選手名 試合数 開始日 終了日
カル・リプケン 903 1982年6月5日 1987年9月14日

サッカー編集

サッカーにおいては、試合に出場した選手はどの様な形の出場であれ試合出場が記録される。ただしJリーグの場合、記録されるのはJ1のときのみである。

試合に関する記録編集

Jリーグ編集

プロレス編集

プロレスでは、シリーズ当初から出場予定がない場合には連続出場がストップしない。ジャイアント馬場はデビュー以来3000試合無欠場記録を達成したが(1980年)、これは「デビュー以来の日本プロレス全日本プロレスの全ての興行に出場した記録」ではなく、海外遠征による欠場を間に挟んでいる。また、真琴も2006年のデビュー以来2010年8月21日にWWEトライアウト受験のため欠場するまでアイスリボン全大会連続出場を続けていたが、イベント大会分はカウントされておらず、それらの2大会の欠場を間に挟んでいる。

脚注編集

  1. ^ 偵察メンバーも含む。ただし、指名打者の場合は1度打席に入らなければならない。
  2. ^ NPB 通算出場試合記録 - NPB.jp 日本野球機構
  3. ^ NPB シーズン記録 - NPB.jp 日本野球機構
  4. ^ 公認野球規則 10.23 (c)
  5. ^ MLB 通算出場試合記録 - Baseball Reference.com

関連項目編集