ポーリン・エチエンヌ

ポリーヌ・エチエンヌ (Pauline Étienne、1989年6月26日 - )は、ベルギー女優ポーリンは英語読み。

ポリーヌ・エチエンヌ
Pauline Étienne
Pauline Étienne
生年月日 (1989-06-26) 1989年6月26日(30歳)
出生地 ベルギーの旗 ベルギーブリュッセルイクセル
職業 女優
ジャンル 映画
活動期間 2008年 -
主な作品
愛について、ある土曜日の面会室フランス語版
La Religieuse
テンプレートを表示

生い立ち編集

ベルギーのブリュッセルイクセルで生まれる。

2008年、ベルギーの映画監督ヨアキム・ラフォスフランス語版の映画『Élève libre』で映画初出演を果たしたあと、2009年に公開のレア・フェネールフランス語版監督のフランス映画『愛について、ある土曜日の面会室フランス語版』でフランス映画エトワール賞フランス語版新人女優賞やリュミエール賞有望若手女優賞フランス語版をそれぞれ受賞、セザール賞有望若手女優賞フランス語版の候補になる。

また、2013年公開のギヨーム・ニクルーフランス語版監督作、イザベル・ユペールルイーズ・ブルゴワンマルティナ・ゲデックらと共演の映画『La Religieuse』で主役を演じ、同作でマグリット賞主演女優賞フランス語版を受賞、セザール賞有望若手女優賞の候補になった[1]

映画編集

脚注編集

外部リンク編集