メインメニューを開く

ベース・ミュージック (Bass music) はクラブミュージックのジャンルの一つ。かつてはヒップホップのジャンルのひとつで、低音部を極端に強調したサウンドと速いBPMが特徴のマイアミ・ベース英語版、アトランタ・ベースを指していた。近年ではドラムンベースダブステップトラップなど、イギリス発祥のクラブミュージックのジャンルを指すことが多い。

ヒップホップのジャンルとして編集

ドラムにはブレイクビーツが多用されているが、マイアミ・ベースの場合はリズムマシンローランド社のTR-808)が用いられる。これはTR-808のバスドラムの音圧が高いからである。

マイアミ・ベースは80年代後半にアメリカ・マイアミで生まれた。ヒップホップに比べラップ部分は比較的単純で、セックスをテーマにしたものが多い傾向にある。女性の喘ぎ声のサンプルが配される事も多い。 代表的なアーティストに2ライヴ・クルーDJマジック・マイク(DJ Magic Mike) がいる。

90年代中盤にはアトランタでも流行、マイアミ・ベースに比べR&B色が強く、歌ものの楽曲も多い。 ジャーメイン・デュプリソーソーデフ・レコーディングスよりリリースされたアルバム『So So Def Bass all stars』からシングル・カットされたINOJ『Time after time』がスマッシュヒットとなった。

クラブミュージックのジャンルとして編集

イギリス発祥で、2stepUKガラージから発展した、重低音でリズミカルなベース音が特徴的なジャンルの包括的な総称。

サブジャンルとしてドラムンベースダブステップトラップベース・ハウスグライムなどが含まれる。2000年代半ば頃から、こうしたサブジャンルをまたいでミックスするDJたちにより呼称されるようになった。

2010年代からはイギリスにとどまらず、EDMブームとともに世界的に知れ渡った。2010年代中頃にはメインストリームEDMの似たようなビートに聴き飽きたキッズに、ベース・ミュージックの多様でジャンルレスな音が受け、大型フェスなどでも、トラップやベース・ハウスをかけるDJが増えた。

ベース・ミュージックはUKベースと同義語であるが、もはや世界中でブームとなり、DJスネイク英語版(フランス出身)、SkrilexJauz英語版(共にアメリカ出身)、Alison Wonderland(オーストラリア出身)など、世界中からヒットが産まれだし、トップチャートやヒップホップチャートにもベース・ミュージックの影響が見受けられるようになる。

また、ゆっくりとしたハウスにメロディックにうねるベースが特徴のフューチャーウェーブや、トラップにメロディックで心地よいシンセ音を入れ、キャッチーながら未来的な音のフューチャーベースといった新たなベース・ミュージックのサブジャンルも生まれ、日本でも中田ヤスタカ[1]DEAN FUJIOKA[2]、2019年には宇多田ヒカル(Skrilexと共作[3])などが楽曲を発表している。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ “ソロ活動本格化!中田ヤスタカが再び音楽シーンを変える | ミーティア(MEETIA)” (日本語). ミーティア(MEETIA). (2017年9月2日). http://meetia.net/music/nakatayasutaka2017/ 2018年11月3日閲覧。 
  2. ^ DEAN FUJIOKA、主演ドラマ『今からあなたを脅迫します』主題歌を書き下ろし!「日本の冬をイメージして作った」”. 音楽WEBメディア M-ON! MUSIC(エムオンミュージック) (2017年9月21日). 2019年1月16日閲覧。
  3. ^ 株式会社ローソンエンタテインメント. “宇多田ヒカル ニューシングル『Face My Fears』でスクリレックスと共作!2019年1月18日発売!|邦楽・K-POP” (日本語). HMV&BOOKS online. 2019年1月24日閲覧。

参考文献編集