メインメニューを開く

UKガラージ: UK garage)はクラブミュージック音楽ジャンルの一つ。

概要編集

UKガラージと呼ばれるイギリスのダンスミュージックは、1995年頃にスピードガラージが誕生したことから始まる[1]。1998年になるとUKガラージの中心は2ステップに移り[2]、1999年から2000年にかけてメインストリームでも成功を収める。多くの曲がUKチャートにランクインしたが、似たようなサウンドが溢れ返り、2ステップは飽きられ始める。2001年になると2ステップとヒップホップが結びついたグライムが登場、2000年代半ばにかけて発展した一方で、2002年の終わりにはUKガラージがチャート上位に入ることはほとんどなくなり、メインストリームの音楽とは言えなくなっていた。

00年代半ばから後半にかけてダブステップが流行。同時期に2007年後半から2008年前半にかけてベースライン・ハウスと呼ばれるスピードガラージ復刻版が、00年代終わりにはレゲエダンスホールの要素を取り入れたUKファンキーがやや流行する。

2010年代に入るとUKガラージは原点回帰の機運が高まり、80年代~90年代前半のシカゴ・ハウスデトロイト・ハウスソウルミュージックがミックスし、UKガラージの影響を受けた「ディープ・ハウス[3]」と呼ばれるジャンルが2013年のディスクロージャーの成功によって台頭。2014年になるとディープ・ハウス系のアーティストがチャート1位をとるようになり、UKガラージは再びメインストリームの音楽となっている[4]。同時期に登場したベース・ハウスフランス語版[5]フューチャー・ハウスフランス語版[2]もUKガラージからの影響を受けている。

サブジャンル編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Stephen Titmus. “UKガラージを生んだパーティーHappy Days”. Red Bull Music Academy Japan. 2019年5月4日閲覧。
  2. ^ a b Takeru John Otoguro (2016年8月27日). “Hardwellの新曲のジャンルって?UK Garage、2stepについて”. block.fm. 2019年5月4日閲覧。
  3. ^ 1980年代に生まれたジャンル「ディープ・ハウス」と同じ名前であるため、批判を受けることがある(Kristan J Caryl (2014年8月23日). “Stop calling it deep house”. Mixmag. 2019年5月4日閲覧。 "There's a place in the world for the garage-influenced and direct house taking the world by storm, but please, stop calling it deep house." )。
  4. ^ UKガラージの歴史【1995年~2014年】
  5. ^ Jenkins, Dave (2016年4月15日). “What The Hell Is Bass House Anyway?” (英語). UKF. 2019年5月4日閲覧。