メインメニューを開く

マイナス』は、沖さやか(現山崎紗也夏)による日本漫画

目次

概要編集

週刊ヤングサンデー』(小学館)に1996年9号から1997年19号まで連載された。単行本は全5巻(小学館ヤングサンデーコミックス)、完全版全3巻(エンターブレイン)。

ギャグ漫画的様相を持ちつつも、内容は過激かつ残虐であり、人間心理の本質にも触れているサイコスリラー作品。山崎の初期の作品でもあり、作品中で絵の上達過程が伺える。

1996年41号に掲載された第31話「遭難クッキング 後編」は人肉食の描写が問題となり、掲載誌の回収措置が取られると共に単行本未収録扱いとなっていたが、2004年にエンターブレインより刊行された完全版ではこのエピソードも収録されている。

ストーリー編集

とある高校に赴任してきた教師の恩田さゆりは、かつて父親による家庭内暴力虐待)によってトラウマを抱えてしまい、それ以来他人から嫌われることを極度に恐れるようになっていた。嫌われないためには何でもやる彼女は、行き過ぎた行動により時折結果として人を陥れることもいとわなかった。

そんな風に教師生活を過ごしていたある日、恩田は偶然から横田ヨシエという女子生徒に気に入られてしまうが、彼女は藁人形を使って他人に復讐するという秘密を持っていた。ヨシエの存在に手こずる恩田は八方塞がりの末、ヨシエの親友である川嶋久美を殺し、居合わせたヨシエも殺してしまう。久美の葬儀に出席した際、恩田は思う。“あたしを嫌うやつは殺せばいいんだ…。”その時から恩田は人から嫌われるのを恐れなくなる。

生徒からは人気のある恩田であったが、中村という不良生徒によって本性を暴かれるばかりか、生徒を殺したことまで知られてしまう。しかし中村は「面白いから」という理由でばらすことはせず、それ以来恩田と中村は仲良くなる。

恩田の“幸せ探し”はあらゆる人を巻き添えにしながら、最終的にはどん底の状態へと下降してしまう。全てが駄目になった恩田は実家へ帰るのだが、父との再会をきっかけに、自殺も考えたものの自首することを決意する。

20年後。すっかり大人になった中村のもとに刑務所を出所した恩田が現れる。そこには本当の意味で自立を果たした恩田さゆりの姿があった。

登場人物編集

書誌情報編集

小学館・ヤングサンデーコミックス
沖さやか名義。
  1. 1996年7月初版 ISBN 4091517811
  2. 1996年8月初版 ISBN 409151782X
  3. 1997年2月初版 ISBN 4091517838
  4. 1997年2月初版 ISBN 4091517846
  5. 1997年6月初版 ISBN 4091517854
エンターブレイン・ビームコミックス(完全版)
山崎さやか名義。全て2004年4月初版。
  1. ISBN 4757718128
  2. ISBN 4757718136
  3. ISBN 4757718144