エンターブレイン

カドカワ > KADOKAWA > エンターブレイン

エンターブレインENTERBRAIN)は、日本出版社KADOKAWAブランドの一つ。エンターテインメント関連の雑誌書籍の制作などを手掛けている。

エンターブレイン
ASATSU-DK INC. (headquarters).jpg
銀座松竹スクエア
英文名称 ENTERBRAIN
前身 株式会社エンターブレイン
種類 KADOKAWAブランド
設立日 2013年10月1日
本社郵便番号 104-8441
本社所在地 東京都中央区築地一丁目13番1号 銀座松竹スクエア
関係する人物 浜村弘一
外部リンク http://www.enterbrain.co.jp/
テンプレートを表示

本項では、前身である株式会社エンターブレインについても解説する。

目次

概要編集

 
関連会社の統廃合図

西和彦が設立した旧株式会社アスキー(後の株式会社メディアリーヴス)の一部門であったエンターテインメント系の編集部が集まっていた第二編集統括本部が前身にあたる。ロゴは赤字のeb! のマークである。

社名の由来は「エンターテイメントのブレインになる」から[1]

2007年平成19年)9月27日角川グループホールディングス(角川GHD、現:KADOKAWA)がグループ傘下の株式会社アスキー(新社)と株式会社メディアワークスの合併協議を開始すると発表、2008年(平成20年)4月1日にメディアワークスがアスキー(新社)を吸収合併し株式会社アスキー・メディアワークスとなった。また、2010年(平成22年)10月1日にエンターブレインがメディアリーヴス(旧アスキー)を吸収合併した。これにより、会社の発祥である株式会社アスキーは名実ともに消滅した。

沿革編集

株式会社エンターブレイン編集

株式会社KADOKAWA エンターブレイン編集

  • 2013年(平成25年)10月1日 - 株式会社KADOKAWAに吸収合併され、ブランドカンパニーとなる[4]
  • 2014年(平成26年)12月22日2015年(平成27年)1月5日 - 千代田区三番町から中央区築地へ移転[5]
  • 2015年(平成27年)4月1日 - ブランドカンパニー制を廃止、エンターブレイン事業局となる。また、ゲームメディア関連事業、マーケティングリサーチ事業及びこれらの事業に付随する広告事業を親会社である株式会社KADOKAWA・DWANGO(現カドカワ株式会社)に移譲[6]
  • 2016年(平成28年)3月31日 - エンターブレイン事業局を廃止[7]
  • 2017年(平成29年)7月1日 - 会社分割により、雑誌『DVD&ブルーレイでーた』および映画情報ウェブサイト『Movie Walker』の関連事業を株式会社エイガウォーカーに移管(同時に株式会社エイガウォーカーは株式会社ムービーウォーカーに商号変更)[8]
  • 2017年(平成29年)7月3日 - カドカワのゲーム情報ポータル事業を新設の株式会社Gzブレインに移譲[9][10]

株式会社角川マガジンズ(初代)編集

株式会社角川マガジンズ(初代)は、2007年(平成19年)1月に株式会社角川書店(2代目、後に角川グループパブリッシング)から雑誌事業部を分割して設立された。同時に角川GHDから株式会社角川マガジングループが分割・設立され、株式会社角川・エス・エス・コミュニケーションズと共に同社の傘下となった。これに伴い、設立当初は他の角川グループの出版社の営業・注文受託は角川グループパブリッシングが窓口になっているのに対して角川マガジンズは角川・エス・エス・コミュニケーションズが窓口となっていたが、後に両社とも角川グループパブリッシングに窓口が一本化されている。

角川書店時代から引き継いだ『CD&DLでーた』『DVDでーた』を発行しており、これに関連した芸能・テレビ・映画・タレント関係の書籍に強みを持つと共に趣味・実用・料理・文芸など様々な書籍を発行していたが、2011年(平成23年)3月1日にエンターブレインへ吸収合併され、同社が発行していた書籍・雑誌(角川SSC新書を除く)はエンターブレインより刊行されることになった。

なお、KADOKAWAのブランドの一つである角川マガジンズの前身となった同名の株式会社角川マガジンズ(2代目)は、前述の角川マガジングループを前身とする株式会社角川マーケティングが2011年7月1日に社名を変更して新たに発足した、初代法人とは直接の繋がりを持たない全く別の企業である。

主な雑誌・書籍編集

KADOKAWA発行の雑誌・書籍編集

サラブレ
競馬雑誌。
TECH GIAN(テックジャイアン)
アダルトパソコンゲーム雑誌。
コミックビーム
月刊漫画雑誌。創刊時の題号は『アスキーコミック』。
B's-LOG COMIC
月刊コミック誌。
ハルタ
漫画誌。
ファミ通文庫
ライトノベル文庫レーベル。
ビーズログ文庫
少女向けライトノベル系文庫レーベル。
花時間
季節の花やフラワーアレンジの情報誌。旧角川マガジンズ(初代)発行。2016年8月発売の商品より角川マガジンズブランドへ移行。移行後も問い合わせ先が「エンターブレイン カスタマーサポート」となっている[11]

他社発行の雑誌・書籍編集

KADOKAWAから他社へ移管され、KADOKAWAが発売を担当する。問い合わせ先が「エンターブレイン カスタマーサポート」となっている[12][13]

ファミ通
高い知名度を持つ総合ゲーム雑誌。派生誌についてはファミ通#ファミ通一族を参照。現Gzブレイン発行。
B's-LOG(ビーズログ)
乙女ゲームボーイズラブゲーム専門誌。現Gzブレイン発行。
てれびげーむマガジン
男児向けゲーム雑誌。現Gzブレイン発行。
ぴこぷり
女児向けゲーム情報誌。現Gzブレイン発行。
DVD&ブルーレイでーた
映画・映像ソフト情報誌。旧角川マガジンズ(初代)発行。現ムービーウォーカー発行。

かつて発行していた雑誌編集

主なコンピュータゲーム編集

主に旧アスキー時代からの作品を発売していた。2011年以降、エンターブレインが企画・制作・著作するコンシューマー及びPC向けタイトルの発売元が角川ゲームスとなる。ただし、2015年12月発売の『RPGツクールMV』はスパイク・チュンソフトが発売元となる(2016年12月以降はKADOKAWAが発売元)。一方、スマートフォン向けはKADOKAWAとして直接提供している。

RPGツクールシリーズ
RPG制作ソフト。
ダービースタリオンシリーズ
ファミコン全盛時代末期に生まれた名作。第1作発売当時の開発部門は1996年に新会社パリティビットを立ち上げて独立。
ベストプレープロ野球シリーズ
『ダービースタリオン』と並ぶパリティビットの代表作。ダービースタリオン・ベストプレープロ野球は2002年以降、eb!が発売している。
ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記
任天堂の『ファイアーエムブレム』開発チームの一部が独立して立ち上げた会社ティルナノーグが開発。任天堂より『ファイアーエムブレム』の類似作であるとして著作権等に関する訴訟を起こされた。
ベルウィックサーガ
ティアリングサーガ開発チームによるティアリングサーガシリーズ第2作。2005年5月発売。
トゥルー・ラブストーリーシリーズ
ビッツラボラトリー開発。
キミキス
アマガミ
フォトカノ
Cross Hermit 〜最果ての賢者〜
Windows98/Me/2000/XP対応 リアルタイムシミュレーションゲーム
メタルマックスシリーズ
メタルマックス3』(ニンテンドーDS用)以降。かつてはデータイーストから発売されていた。
妖怪百姫たん!

かつて存在した関連会社編集

  • ebクリエイティブ

その他編集

  • 美少女ゲーム雑誌を発行しているコアマガジンと提携し、『まじれす!! 〜おまたせリトルウイング〜』(キャラクターデザイン:みさくらなんこつ)の共同開発およびタイアップを行った。
  • エンターブレインが角川ホールディングスの傘下に入ったことにより、同じ傘下のメディアワークスと業務が重複した問題に関し、『ファミ通』、『電撃』の両ブランドは当面の間継続するとのコメントを出した。ただ、美少女ゲーム誌等統合を始めたものもある。
  • 公式ショップ「エビテン」ではエンターブレインの商品だけではなく、「エンタメ統計調査」のコーナーにおいて娯楽作品に関する統計データも販売している。
  • まおゆう魔王勇者ログ・ホライズンニンジャスレイヤーなどWeb小説の書籍版が多数ベストセラーとなっている。
  • 2011年まで海外作品の翻訳は、スティーブ・ベリーの小説3作品と李英有の漫画「SiESTA」1作品のみだった。2012年にニンジャスレイヤーの刊行がスタートしたが、2013年にノンフィクションの「ゾンビサバイバルガイド」が追加されただけで国内作品と比べ非常に少なく、刊行本の大半はニンジャスレイヤーの続刊であるため、実質4作品しかない。角川の傘下に入っても翻訳作品には注力しない姿勢は変わっていない。

出典編集

  1. ^ 株式会社エンターブレイン 社長挨拶”. エンターブレイン. 2008年2月2日閲覧。
  2. ^ 角川ゲームス、ニンテンドー3DS参入と2011年4月からの新体制を発表 (PDF)” (2011年1月20日). 2013年11月23日閲覧。
  3. ^ 合併のお知らせ (PDF)” (2011年1月20日). 2013年11月23日閲覧。
  4. ^ 【東証開示】連結子会社の吸収合併並びに商号及び定款の一部変更に関するお知らせ (PDF)”. 角川グループホールディングス (2013年3月28日). 2017年7月20日閲覧。
  5. ^ 【移転】KADOKAWA エンターブレイン”. 新文化通信社 (2014年12月12日). 2015年1月5日閲覧。
  6. ^ 連結子会社(株式会社KADOKAWA)との会社分割(簡易吸収分割)に係る分割契約締結に関するお知らせ (PDF)”. KADOKAWA・DWANGO (2015年1月29日). 2015年1月31日閲覧。
  7. ^ 会社の組織が変更になり、「エンターブレイン事業局」という局名がなくなってしまいました。”. 2017年3月26日閲覧。
  8. ^ 雑誌「DVD&ブルーレイでーた」およびWebサイト「MovieWalker」事業がエイガウォーカーに”. 2017年8月18日閲覧。
  9. ^ 純粋持株会社体制への移行及び会社分割(簡易新設分割)による子会社設立に関するお知らせ,カドカワ株式会社,2017年5月25日
  10. ^ 連結子会社の商号決定に関するお知らせ,2017年6月13日
  11. ^ 『花時間』2017年夏号、KADOKAWA、2017年6月28日
  12. ^ お問い合わせ CONTACT”. 株式会社Gzブレイン. 2017年8月22日閲覧。
  13. ^ 『DVD&ブルーレイでーた』2017年9月号、ムービーウォーカー、2017年8月19日

関連項目編集

外部リンク編集