メインメニューを開く

マウザー MG 213は、第二次世界大戦中にドイツ空軍によって開発された航空機搭載リヴォルヴァーカノンである。バランスに優れた性能の20mm型と重爆撃機迎撃に特化した30mm型が存在する。

マウザー MG 213
種類 リヴォルヴァーカノン
原開発国 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
諸元
重量 75kg
完全:96kg
全長 1,930mm
銃身 1,600mm

砲弾 20x146mm
口径 20mm口径弾
銃砲身 単砲身
作動方式 ガス圧作動方式
発射速度 毎分1,200-1,400発
初速 1,050 m/s (3,400 ft/s)
テンプレートを表示

目次

概要編集

当時世界各国で使われていた20mm級の航空機関砲と比べると明らかに大型で重いが、それらを大幅に上回る性能を持つ機関砲であった。完成していれば傑出した存在になるはずだったが、結局終戦までに間に合わず、実戦には投入されなかった。終戦後は連合国によってその成果は接収され、それぞれの国で戦後開発された機関砲の原型になった。アメリカでは20mm型を原型としてM39を開発し、M61 バルカンが開発されるまで使用した。30mm型はMG 213CまたはMK 213として開発され、イギリスADENフランスDEFA カノンに発展した[1]

新型の機関砲を開発する際に既存の弾薬を流用することも多いが、MG 213は20mm型、30mm型のいずれも新規に開発された弾薬を用いている。

性能編集

共通編集

  • 重量:75kg

20mm型編集

  • 弾薬:20×135
  • 初速:1,050m/s
  • 発射速度:1,500rpm

30mm型編集

  • 弾薬:30×85B(ストレートケース)
  • 初速:530m/s
  • 発射速度:1,200rpm

脚注編集

参考文献編集

外部リンク編集