マサダ索道

イスラエル・マサダにあるロープウェイ

マサダ索道ヘブライ語: רכבל מצדה: Masada cableway)は、イスラエル国南部地区マサダの古代要塞にある索道(ロープウェイ)である。

マサダ索道
רכבל מצדה
Masada cableway
Israel Aerial Ropeway Masada BW 1.jpg
概要
状態 運行中
システム エリアルトラムウェイ
位置 イスラエルの旗 イスラエル
南部地区マサダ
座標 北緯31度18分44.43秒 東経35度21分41.57秒 / 北緯31.3123417度 東経35.3615472度 / 31.3123417; 35.3615472座標: 北緯31度18分44.43秒 東経35度21分41.57秒 / 北緯31.3123417度 東経35.3615472度 / 31.3123417; 35.3615472
駅数 2駅
開業 1971年
1998年(置換)
運営
所有者 イスラエル自然・公園局
運営者 イスラエル自然・公園局
技術的特徴
区間長 0.9 km
運行速度 28.8 km/h
備考 高さ 33 m
路線図
ロープウェイ路線図

要塞の麓にあるが海抜下257メートルであり、要塞の頂上にある駅が海抜33メートルであることにより、世界で最も低いロープウェイとなっている。

岩山の上にあるマサダ砦跡に観光客を運搬するために、スイスカール・ブラーンドルドイツ語版 (Karl Brändle) 社によって1971年に建造された。交走式で、1本の支柱で全長900メートルおよび高度差290メートルの路線を運行している。 1998年フォン・ロール (Von Roll) 製に置き換えられており、置き換えによって支柱が撤去された。

外部リンク編集