メインメニューを開く

マック・デマルコMac DeMarco1990年4月30日-)は、カナダ出身のシンガーソングライターマルチ・インストゥルメンタリストプロデューサーである。過去にはメイクアウト・ヴィデオテープ (Makeout Videotape)という名義でも活動していた。これまでに4作のソロ・アルバム ― 『2』(2012)、『Salad Days』(2014)、『This Old Dog』(2017)、『Here Comes the Cowboy』(2019) ― をリリース。 お気に入りのアーティストにシャギー・オーティス (英語版)、スティーリー・ダンジョナサン・リッチマンウィーザー細野晴臣らを挙げている。[1]

マック・デマルコ
Mac DeMarco
Mac DeMarco performing in Austin, Texas (2017-10-01) (23867869577).jpg
2017年テキサス州 ― マック・デマルコ
基本情報
生誕 (1990-04-30) 1990年4月30日(29歳)
出身地 カナダの旗 カナダ ブリティッシュコロンビア州
ジャンル インディー・ロックローファイドリーム・ポップ
担当楽器 ギターヴォーカルベースドラムキーボード
活動期間 2008年 -
レーベル Unfamiliar、Captured Tracks

来歴編集

1990–2008: 子供の頃と学歴編集

カナダブリティッシュコロンビア州で生を受け、アルバータ州エドモントンで育った。高校時代、ジャンルの違う複数のバンドに入っていた。2008年にストラスコナ・ハイスクール卒業後、バッキングミュージシャンになった。その後バンクーバー (ブリティッシュコロンビア州)に移動した。[2][3]

2009–2012: 初期作品と初ソロ・アルバム編集

バンクーバー (ブリティッシュコロンビア州)のキラーニーに住んでいたデマルコは、2009年に自身のセルフ・プロデュースアルバム『Heat Wave』をリリース。自主制作作品ながら500組を売り上げた。[4]同年、Unfamiliar Recordsと契約を結び、バンクーバーのバンドであるジャパンドロイズと共にツアーに出た。[3]2011年にモントリオールに移動してソロ・アーティストとしての活動を開始した。ミュージシャンとしての仕事が見つからず、医療実験と[5]、工事現場での仕事でお金を稼いだ。[6]2012年1月9日にCaptured Tracksがデマルコとの契約を発表した。[7]2012年3月、LP『Rock and Roll Night Club』をリリース。『Rock and Roll Night Club』はレーベルの期待に応え、次のフル・アルバムの制作に同意した。[5]『2』は2012年10月にリリースされ、評論家から高い評価を受けPitchforkで「Best New Music」を獲得した。[8]アルバムからの曲「Moving Like Mike」はターゲットのコマーシャルに起用された。[5]

2014–2015: 『Salad Days編集

2014年1月21日、デマルコのセカンド・アルバム『Salad Days』を発表と共にリード・シングルの「Passing Out Pieces」をリリース。レコードは2014年4月1日にリリースされ、またもやPitchforkで「Best New Music」を獲得した。[9]

2015年3月30日、Late Night with Conan O'Brien(英語版)で初めてのトークショー出演。[10]同年4月22日に次のアルバムの『Another One』を発表。アルバムは2015年8月7日にリリースされた。[11]

2015年7月8日、デマルコは9曲を含むインストルメンタルアルバム『Some Other Ones』をリリース。[12]その夜、デマルコはニューヨークでファンのために『Another One』のリスニングパーティーを主催し、食材を寄付してくれるファンにバーベキューを提供した。[13]

2017–2018: 『This Old Dog』編集

2017年1月31日、3作目となるアルバム『This Old Dog』を発表した。同じ日にアルバムからシングル2曲をリリースした。[14]『This Old Dog』は2017年5月5日にリリースされた。[15]

2017年2月23日、YouTube人気番組の「Hot Ones」に出演。[16]

2017年10月10日、テレビ番組のCharlie Roseに出演し、新アルバムや父親との関係のことを語った。[17]「This Old Dog」と「Still Together」のアコースティック・バージョンを披露。[18]

2018年4月8日、FishCenter Liveに出演し、Max Simonetとのインタビュー。

2018年、細野晴臣の「Honey Moon」のカバーをリリース。[19]

2019–現在: 『Here Comes the Cowboy』編集

2019年3月5日、4作目となる『Here Comes the Cowboy』を発表し、シングル「Nobody」をリリース。アルバムは2019年5月10日に、デマルコ自身のレーベル、Mac's Record Labelからリリース。[20]デマルコのアルバム『Here Comes the Cowboy』は、Mitskiの2018年アルバム『Be the Cowboy』とタイトルが似ている上、「Nobody」というシングルもあることから疑惑が浮上した。Pitchforkによると、デマルコは「Mitskiのアルバムは聞いたことがなく、自身のアルバムが決まってから知った」と述べた。[21]Mitskiは疑惑に対しツイッターで「マックと私はただ無意識に同じ考えがあっただけに違いない」と投稿した。[22]『Here Comes the Cowboy』の賛否両論の評価を受けた。

2019年6月3日、USツアー中の細野晴臣のロサンゼルス公演にてマック・デマルコがゲスト出演し、「Honey Moon」で共演を果たす。[23]

2020年4月の来日公演が決定している。[24]


ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  • 『2』 (2012年)
  • 『Salad Days』 (2014年)
  • 『This Old Dog』 (2017年)
  • 『Here Comes the Cowboy』 (2019)[25]

EP編集

  • 『Rock and Roll Night Club』 (2012年)
  • 『Another One』 (2015年)

脚注編集

  1. ^ Mac DeMarco about John Lennon, Coldplay and Weezer”. 2019年9月26日閲覧。
  2. ^ Marchand, Francois (2015年11月1日). “A more sensitive Mac DeMarco returns home to Edmonton”. Edmonton Journal. https://edmontonjournal.com/entertainment/music/a-more-sensitive-mac-demarco-returns-home-to-edmonton 2016年8月23日閲覧。 
  3. ^ a b Thomas, Fred. “Biography”. Mac DeMarco. Allmusic. 2012年11月24日閲覧。
  4. ^ Fumano, Dan. “Makeout Videotape”. Discorder. 2014年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月12日閲覧。
  5. ^ a b c Traynor, Cian. “Interview: Mac DeMarco”. The Stool Pigeon. 2012年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月24日閲覧。
  6. ^ Kimbasha, Michelle. “Freaking Out The Neighbourhood: Mac DeMarco”. Clashmusic.com. 2012年11月25日閲覧。
  7. ^ Signing // Mac DeMarco Signs To Captured Tracks”. Capturedtracks.com. 2017年9月27日閲覧。
  8. ^ Hockley-Smith, Sam. “Mac DeMarco - 2”. Pitchfork Media. 2012年11月24日閲覧。
  9. ^ Hogan, Mark (2014年4月1日). “Mac DeMarco Salad Days”. Pitchfork. 2019年4月8日閲覧。
  10. ^ Mac DeMarco Performs "Let Her Go" on "Conan" | News”. Pitchfork (2015年3月31日). 2015年8月13日閲覧。
  11. ^ Making Of Another One”. YouTube (2015年4月22日). 2015年8月13日閲覧。
  12. ^ NME News Mac DeMarco releases instrumental album 'Some Other Ones'”. Nme.com (2015年7月8日). 2015年8月13日閲覧。
  13. ^ Minsker, Evan (2015年7月7日). “Mac DeMarco Throwing Listening Party and BBQ in Brooklyn Tomorrow”. Pitchfork Media. 2015年7月20日閲覧。
  14. ^ Mac DeMarco”. Facebook.com. 2017年5月5日閲覧。
  15. ^ Watch Mac DeMarco Perform "This Old Dog" With Dogs | Pitchfork” (英語). Pitchfork.com. 2017年3月9日閲覧。
  16. ^ Best of 2015 : Best LPs - 20 to 1”. Stillinrock.com. 2017年5月5日閲覧。
  17. ^ Mac DeMarco Chats, Performs "This Old Dog" on "Charlie Rose": Watch”. Pitchfork.com. 2017年10月11日閲覧。
  18. ^ Mac DeMarco”. CharlieRose.com. 2017年10月11日閲覧。
  19. ^ Mac DeMarco が細野晴臣の「Honey Moon」をカバーしたシングルを配信リリース!”. Indie Native (2018年8月24日). 2019年9月25日閲覧。
  20. ^ Mac DeMarco Announces New Album Here Comes the Cowboy, Shares Video for New Song “Nobody”: Watch”. Pitchfork (2019年3月5日). 2019年3月5日閲覧。
  21. ^ Mac DeMarco Announces New Album Here Comes the Cowboy, Shares Video for New Song “Nobody”: Watch” (英語). Pitchfork. 2019年3月5日閲覧。
  22. ^ haha! I'm 100% sure mac & I just went fishing in the same part of the collective unconscious! What's wild is we have the same PR, so I LOVE my personal conspiracy theory that she heard the album+track titles but kept quiet thinking maybe some Mac fans will mistakenly find me loll” (英語). @mitskileaks (2019年3月5日). 2019年3月5日閲覧。
  23. ^ マック・デマルコ、細野晴臣のロサンゼルス公演にゲスト出演。“Honey Moon”で共演を果たす”. rockin'on (2019年6月5日). 2019年9月25日閲覧。
  24. ^ マック・デマルコ、全国6都市を回る来日ツアーが決定!”. rockin'on (2019年9月10日). 2019年11月18日閲覧。
  25. ^ Mac DeMarco、ニューアルバム『Here Comes The Cowboy』をリリース!”. Indie Native (2019年5月10日). 2019年9月25日閲覧。

外部リンク編集