メインメニューを開く
マツダ・T1500
T1500のインパネ
狭いキャブ幅で3人掛けを可能とするため、シフトレバーは右側にある。

マツダ・T1100およびT1500は東洋工業(現マツダ)が、かつて生産・販売していた小型三輪トラック(オート三輪)である。

目次

歴史編集

  • 1957年に3輪トラック発売。
  • 1959年春、これまでの空冷2気筒エンジンから水冷4気筒エンジンに換装。同時にT1100に車名変更。
  • 1962年小型車枠の拡大に伴い、エンジンを拡大。T1500となる。
  • 1970年代初めまで生産が続けられていた。

特徴編集

  • 全長4.3m、荷台長2.38m、8尺低床の3方開きも存在する。
  • T1500には、荷台後部分しか開かない標準型と荷台全てが開く3方開車のタイプがある。(T1100には標準タイプしかない。)

関連項目編集

外部リンク編集