マティルデ・ディ・サヴォイア

マティルデ・ディ・サヴォイア(イタリア語:Matilde di Savoia, 1390年ごろ - 1438年5月14日)は、プファルツ選帝侯ルートヴィヒ3世の妃。ドイツ語名はマティルデメヒティルト・フォン・ザヴォイエン (Matilde (Mechthild) von Savoyen) 。

マティルデ(メヒティルト)・フォン・ザヴォイエン
Mechthild (Matilde) von Savoyen
プファルツ選帝侯
MatyldaSavoy.jpg
在位 1417年 - 1436年

出生 1390年ごろ
死去 1438年5月14日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Banner of Palatinate-Neuburg (3^2).svg プファルツ選帝侯領ゲルマースハイム
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Banner of Palatinate-Neuburg (3^2).svg プファルツ選帝侯領ハイデルベルク聖霊教会
配偶者 プファルツ選帝侯ルートヴィヒ3世
家名 サヴォイア家
父親 アカイア公アメデーオ
母親 カトリーヌ・ド・ジュネーヴ
テンプレートを表示

生涯編集

マティルデはピエモンテ領主およびアカイア公アメデーオ・ディ・サヴォイアとカトリーヌ・ド・ジュネーヴの娘である[1]。母カトリーヌはヴィエノワのドーファンであるアンベール1世英語版とアンヌ・ド・ブルゴーニュ(ブルゴーニュ公ユーグ3世の曽孫)の間の娘である[2]。アカイア公アメデーオはピエモンテ領主ジャコモとその3番目の妃マルグリット・ド・ボージュー(1346年 - 1402年)の間の息子である[3]。マルグリット・ド・ボージューはエドゥアール1世・ド・ボージューとマリー・ド・ティルの娘であった[4]

1402年5月7日、マティルデの父アメデーオが死去し、ピネローロの聖フランチェスコ教会に埋葬された[5]。アメデーオには娘しかいなかったため、弟ルドヴィーコが継承した[6]

マティルデは母カトリーヌと共に親族のサヴォイア伯アメデーオ8世がジュネーブ公領を売却することに反対していたが、1407年に母カトリーヌが死去すると、マティルデは自身の権利をアメデーオ8世に譲渡した。アメデーオ8世は1416年に初代サヴォイア公となった。

叔父ルドヴィーコはマティルデとヴィッテルスバッハ家プファルツ選帝侯ルートヴィヒ3世との結婚を決めた。婚姻契約は1417年11月30日に結ばれ[7]、同日にピネローロの城でマティルデとルートヴィヒ3世の結婚式も行われた。ルートヴィヒ3世はローマ王ループレヒトエリーザベト・フォン・ニュルンベルクの間の息子であった。

ルートヴィヒ3世にとってマティルデとの結婚は2度めで、最初にブランシュ・オブ・イングランドと結婚し1子ループレヒト(1406年 - 1426年)をもうけていた。

1436年にルートヴィヒ3世が死去した。その2年後の1438年5月14日にマティルデはゲルマースハイムで死去し、ハイデルベルク聖霊教会に埋葬された。

子女編集

脚注編集

  1. ^ Histoire généalogique de la royale maison de Savoie, p. 342
  2. ^ De Allobrogibus libri novem, pp. 440 - 441
  3. ^ Histoire généalogique de la royale maison de Savoie, p. 333
  4. ^ Histoire généalogique de la royale maison de Savoie, pp. 331 - 332
  5. ^ Histoire généalogique de la royale maison de Savoie, p. 338
  6. ^ Histoire généalogique de la royale maison de Savoie, p. 343
  7. ^ Preuves de l'Histoire généalogique de la royale maison de Savoie, pp. 128 - 129

参考文献編集

  • Rivail, Aymar. De Allobrogibus libri novem, ex autographo codice Bibliothecae Regis editi / cura et sumptibus Aelfredi de Terrebasse. [1]
  • Guichenon, Samuel. Histoire généalogique de la royale maison de Savoie, justifiée par titres, fondations de monastères, manuscrits, anciens monuments, histoires et autres preuves authentiques. [2]
  • Guichenon, Samuel. Preuves de l'Histoire généalogique de la royale maison de Savoie, justifiée par titres. [3]