メインメニューを開く

マヌエル・リベラ=オルティス(Manuel Rivera-Ortiz、1968年12月23日 - )は、プエルトリコ出身の写真家[1][2][3] 彼は後発発展途上国で暮らす人々の環境を捉えた社会的な記録写真で知られる。[4][5][6][7]

マヌエル・リベラ=オルティス
Manuel Rivera Ortiz Paris Dec 2009 01.jpg
2009年、フランス、パリにて
原語名 Manuel Rivera-Ortiz
生誕 (1968-12-23) 1968年12月23日(50歳)
プエルトリコグアヤマ
国籍 プエルトリコ
代表経歴 2004年: En Foco New Works Photography Award.
2007年: Artist of the Year, Arts & Cultural Council for Greater Rochester
公式サイト www.rivera-ortiz.com

リベラ=オルティスはニューヨーク州ロチェスターニューヨーク市チューリヒに在住している。

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ “Manuel Rivera-Ortiz”. Prix Pictet. http://www.prixpictet.com/nominators/rivera-ortiz-manuel/ 2013年6月22日閲覧。 
  2. ^ Austin, Josh. “Famous Documentary Photographers”. Photography Arts Cafe. http://www.photography-art-cafe.com/famous-photographer-list.html 2010年12月4日閲覧。 
  3. ^ Gampat, Chris (2012年12月26日). “This Week in Photography History: The Birth of Manuel Rivera-Ortiz”. The Photographer. http://www.thephoblographer.com/2012/12/26/this-week-in-photography-history-the-birth-of-manuel-rivera-ortiz/ 2012年12月27日閲覧。 
  4. ^ Democrat & Chronicle April 3, 2005, pg C1
  5. ^ Metropolitan Magazine; Arts & Cultural Council, Rochester NY, cover story Spring 2007
  6. ^ The next Manuel Rivera-Ortiz?”. The Esther Benjamins Trust. 2011年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年7月28日閲覧。
  7. ^ Pasadena City College (Visual Arts & Media Studies) Archived 2013-09-27 at the Wayback Machine.

外部リンク編集