メインメニューを開く

マムートは、スイス・アールガウ州ゼオンに本社を置くマムート・スポーツ・グループMammut Sports Group AG )が展開するスイスの登山用品製造ブランド。MAMMUT(マムート)はドイツ語で「マンモス」を意味する。

1862年にカスパー・タナー(Kaspar Tanner )によってレンツブルグ近郊のディンティコンで設立された。世界50以上の国・地域で展開されるグローバルブランドである。

クライミングロープの製造から始まり、アルパイン用品に強みを持つ。

日本では同社の日本法人であるマムートスポーツグループジャパン株式会社が製造・販売を行っている。

製品編集

ウェア、フットウェア、バックパック、ロープ、ビーコン、エアバッグ、ハーネス、ヘルメット

沿革編集

  • 1862年-Kasper Tanner(カスパー・タナー)がスイス・ディンティコンにロープ工場を設立。
  • 1943年-Mammut Seile(マムートザイル)という名のロープが登場。
  • 1950年-登山用化学繊維製ロープ、セーリング用シート、その他スポーツ向けに多岐にわたるロープとネット類等の商品を開発。
  • 1962年-設立100周年。
  • 1964年-弾力性によって落下時のエネルギーを吸収する、初のダイナミックロープを製造。
  • 1978年-GORE-TEX(R)を採用したALTITUDE PANTSを発表。
  • 1984年-スイスの素材メーカーSchoeller社と共同で、縦横2wayにストレッチする素材を使った、最初のクライミング/登山用パンツを発表。これが世界初のソフトシェルとも言われている。
  • 1984年Arova-MAMMUT AGに社名を変更。初めてMAMMUTの文字が社名に表記される。
  • 1990年-「MAMMUT EXTREME」コレクションを発表。独自の構造、革新的な素材、悪い視界でも目立つ印象的なオレンジとブルーが特徴で、トップアスリート向けの当コレクションによりグローバルでの認知度が広がる。
  • 1994年-現在のブランドロゴに変更。
  • 2003年-長い歴史をもつスイスの登山フットウェアブランド「Raichle(ライケル)」を買収。フットウェアカテゴリーにおいても高い品質と機能性を備えたラインナップ拡大。
  • 2006年-アバランチビーコン「PULSE Barryvox®」発売開始。
  • 2007年-マムートスポーツグループジャパン設立。
  • 2008年-数十名~100名以上もの人を集め実際に山岳環境で撮影をする、ユニークなブランドキャンペーンクリエイティブが開始。最初のテーマは、"Sleeping Bags"。
  • 2008年-日本初の直営店「MAMMUT STORE表参道」を東京・表参道にオープン。
  • 2012年-設立150周年。これを記念して、世界150の山頂を、世界中のマムートファンと登る「150 Mountain PEAKS PROJECT」を展開。
  • 2015年-Oliver PabstがマムートスポーツグループAG(スイス)CEOに就任。

国内直営店編集

2017年3月現在、国内で9つの直営店、4つのアウトレット店を展開。

直営店編集

  • 札幌
  • 仙台
  • 新宿
  • 吉祥寺
  • 横浜
  • 梅田

アウトレット編集

  • 木更津
  • りんくう
  • 倉敷
  • 福岡

関連項目編集

外部リンク編集