マラカル(Malakal)は、南スーダン北東部の上ナイル地方北東部の東部ナイル州の州都である。2014年時点の人口は14万7450人であった。白ナイル川の河岸に位置し、市の北でソバト川が合流する。首都ジュバからは、北に約650 km離れている[1]

マラカル
Malakal
マラカルの市場(2005年8月撮影)
マラカルの市場(2005年8月撮影)
マラカルの位置(南スーダン内)
マラカル
マラカル
マラカルの位置
北緯09度33分00秒 東経31度39分00秒 / 北緯9.55000度 東経31.65000度 / 9.55000; 31.65000
南スーダンの旗 南スーダン
地方 上ナイル地方
東部ナイル州
人口
(2014年)
 • 合計 147,450人

歴史編集

1983年2005年第二次スーダン内戦中は、マラカルにはスーダン軍の駐屯地が置かれていた。

2006年11月にスーダン軍と南スーダンのスーダン人民解放軍はマラカルにて衝突し、一時期は和平協定の維持が危ぶまれた。

2011年7月9日に南スーダンが独立したと同時に、スーダン軍は撤退した。

民族編集

町の住民の多くは、この地方に古くから居住してきたディンカ人ヌエル人シルック人である。しかし、他地方からの移住者も多く見られる。マラカルに駐屯する南スーダン軍の兵士はバハル・アル・ガザール地方の出身が多い。

食文化編集

マラカルでは、ワルワルと呼ばれる茹でた小麦粉の団子や、フォウルと呼ばれるピーナッツを用いた料理が、よく食べられる。

交通編集

マラカルと東のエチオピア国境にあるクルムクの町を結ぶ道路は2010年現在舗装改修中で、2013年5月の完成が予定されている[2]。マラカルにはまた、ジュバ空港と並ぶ南スーダンに2つしかない国際空港であるマラカル空港英語版が設置されている。白ナイル川には河港が整備されており、北はスーダンの首都ハルツームまで、南はレイク州アドク英語版まで、船舶の航行が可能である。

人口編集

年度 人口[3]
1983 33,750
1993 72,000
2005 129,620
2008 126,500
2010 139,450
2014 147,450

写真編集

出典編集