マリアンヌ・パール

マリアンヌ・パールMariane Pearl、本名:Mariane van Neyenhoff Pearl1967年6月23日 - )は、フランスドキュメンタリー映画監督、番組プロデューサー司会者作家フランス創価運動体会員。

マリアンヌ・パール

オランダユダヤ人アフロラテンキューバ人・中国キューバ人の血を引く両親の間にパリにて生まれる。1999年にWall Street Journalの記者であるダニエル・パールと結婚。

2002年にパキスタンにて夫ダニエルが誘拐される。この時マリアンヌは妊娠6ヶ月であった。ダニエルが殺害された3ヶ月後にパリで第一子(アダム・ダニエル)を出産した。

2003年に手記『マイティ・ハート』を出版。2007年にはマイケル・ウィンターボトムにより映画化、マリアンヌはアンジェリーナ・ジョリーが演じ、作品・演技共に高い評価を得た。 アンジェリーナ・ジョリーとは私生活でも深い友情で結ばれている。

外部リンク編集