メインメニューを開く

マリア・アナ・デ・ブラガンサポルトガル語: Maria Ana de Bragança, 1843年8月21日 - 1884年2月5日)は、ザクセンゲオルクの妃。ドイツ語名はマリア・アンナ・フォン・ポルトゥガルMaria Anna von Portugal)。

マリア・アナ・デ・ブラガンサ
Maria Ana de Bragança
ザクセン王妃
MariaAnnasaxe.jpg
出生 (1843-08-21) 1843年8月21日
ポルトガル王国の旗 ポルトガル王国リスボン
死去 (1884-02-05) 1884年2月5日(40歳没)
ザクセン王国の旗 ザクセン王国ドレスデン
配偶者 ザクセンゲオルク
子女 マリー・ヨハンナ
エリーザベト
マティルデ
フリードリヒ・アウグスト
マリア・ヨーゼファ
ヨハン・ゲオルク
マクシミリアン
アルブレヒト
父親 フェルナンド2世
母親 ポルトガル女王マリア2世
テンプレートを表示

ポルトガル女王マリア2世とその王配フェルナンド2世の娘として、リスボンで生まれた。

1859年5月11日、ベレン宮殿でザクセン王ヨハンの次男であるゲオルクと結婚した。2人の間には8子が生まれた。

夫が次男であったため、王位が回ってくることはないと思われていたが、夫の兄アルブレヒトと王妃カロラの間に子供がなかったため、1902年にゲオルクが即位した。1904年に長子フリードリヒ・アウグストが王位についた。