マリア・ドロテア・フォン・ヴュルテンベルク

マリア・ドロテア・フォン・ヴュルテンベルクMaria Dorothea Luise Wilhelmine Caroline von Württemberg, 1797年11月1日 - 1855年3月30日)は、オーストリア大公でハンガリー総督だったヨーゼフ・アントン・フォン・エスターライヒの3度目の妃。

マリア・ドロテア・フォン・ヴュルテンベルク
Maria Dorothea von Württemberg
Bildnis Maria Dorothea im ungarischen Krönungskleid KGM F3918.jpg

出生 (1797-11-01) 1797年11月1日
カールスルーエ
死去 (1855-03-30) 1855年3月30日(57歳没)
配偶者 ヨーゼフ・アントン・フォン・エスターライヒ
子女 エリーザベト
アレクサンダー
エリーザベト・フランツィスカ
ヨーゼフ・カール
マリー・ヘンリエッテ
家名 ヴュルテンベルク家
父親 ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルク
母親 ヘンリエッテ・フォン・ナッサウ=ヴァイルブルク
テンプレートを表示
マリア・ドロテア

生涯編集

ヴュルテンベルク公フリードリヒ2世オイゲンの次男であるヴュルテンベルク公ルートヴィヒとその2度目の妃ヘンリエッテ・フォン・ナッサウ=ヴァイルブルクの長女として、カールスルーエ(現ポーランドのポコイ)で生まれた。妹にヴュルテンベルク王妃パウリーネがいる。

1818年8月24日、43歳のヨーゼフ・アントンとキルヒハイム・ウンター・テック(現在のバーデン・ヴュルテンベルク州の町)で結婚。5子をもうけた。