メインメニューを開く

マリヤ・スクラートヴァ=ベリスカヤ

マリヤと娘クセニヤ(後ろには息子フョードルもいる)

マリヤ・グレゴリエヴナ・スクラートヴァ=ベリスカヤロシア語:Мария Григорьевна Скуратова-Бельская / 英語:Maria Grigorievna Skuratova-Belskaya, ? - 1605年9月20日旧暦9月10日))は、モスクワ・ロシアツァーリボリス・ゴドゥノフの皇妃(ツァリーツァ)。クセニヤ・ゴドゥノヴァフョードル2世の母でもある。

生涯編集

 
殺害されるマリヤとフョードル2世

イヴァン4世のお気に入りだったオプリーチニキの首領マリュータ・スクラートフの娘だった彼女は、1570年あるいは1571年に当時はまだ無名だったオプリーチニキ隊員のボリス・ゴドゥノフと結婚した。

その後、ボリスは次第に出世していき、1584年にイヴァン4世の息子フョードル1世の摂政、1598年にはツァーリとなり、彼女は皇妃(ツァリーツァ)となった。

だが、1605年にボリスが死に、息子のフョードル2世が継ぐとゴドゥノフ家は支持を失い、偽ドミトリーの力が強まることとなった。

その後、9月20日に偽ドミトリーがモスクワに入城した際、その命令によって、フョードル2世とともに殺害された。

参考文献編集