マルゲリータ・ヴィオランテ・ディ・サヴォイア

マルゲリータ・ヴィオランテ・ディ・サヴォイアMargherita Violante di Savoia, 1635年11月15日 - 1663年4月29日)は、イタリアサヴォイア家の公女で、パルマラヌッチョ2世の最初の妻。名はヨランダ・マルゲリータ・ディ・サヴォイアIolanda Margherita di Savoia)とも呼ばれる[1]

マルゲリータ・ヴィオランテ・ディ・サヴォイア
Margherita Violante di Savoia
パルマ公
Painting of Margherita Yolanda di Savoia while Duchess of Parma by an unknown artist.jpg
在位 1660年 - 1663年

出生 (1635-11-15) 1635年11月15日
Flag of Savoie.svg サヴォイア公国トリノ、ヴァレンティーノ城
死去 (1663-04-29) 1663年4月29日(27歳没)
Flag of the Duchy of Parma.svg パルマ公国コロルノ、公爵宮殿
埋葬 Flag of the Duchy of Parma.svg パルマ公国パルマサンタ・マリア・デッラ・ステッカータ教会
結婚 1660年4月29日 トリノ
配偶者 パルマ公ラヌッチョ2世・ファルネーゼ
家名 サヴォイア家
父親 サヴォイア公ヴィットーリオ・アメデーオ1世
母親 クリスティーヌ・ド・フランス
テンプレートを表示

生涯編集

サヴォイアヴィットーリオ・アメデーオ1世とその妻でフランスアンリ4世の娘であるクリスティーヌの間の第5子、次女として生まれた。

野心的な母はマルゲリータ・ヴィオランテを甥のフランス王ルイ14世に嫁がせようと画策したが、同時にスペインフェリペ4世も娘のマリア・テレサとルイ14世との縁組を望んでいた。ルイ14世とマルゲリータ・ヴィオランテは1658年11月にリヨンで見合いをし、見合いの場には王太后アンヌ、王弟のアンジュー公、王の従姉グランド・マドモワゼル(大姫君)、王の寵姫マリー・マンチーニらも同席していた。フランス王室の一行は、マルゲリータ・ヴィオランテを美人だが日焼けしすぎていると評し、また無口な姫だと判断した。結局、フランス側はフランス・スペイン戦争の講和という実益を重視してマリア・テレサを王妃に選んだ。

マルゲリータ・ヴィオランテは1660年4月29日、パルマ公ラヌッチョ2世と結婚した。夫との間には2人の息子を産んだが、長男は死産児で、次男は生後3日目に死去した。そしてマルゲリータ・ヴィオランテ自身も、次男の出産の2日後に亡くなった。遺骸はパルマサンタ・マリア・デッラ・ステッカータ教会に安置された。夫は1663年にモデナ公女イザベッラ・デステと再婚している。

脚注編集

  1. ^ Savoy3