メインメニューを開く

マルキーニョス(Marquinhos)こと、マルコ・アントニオ・トロコルト(Marco Antonio Trocourt、1963年9月5日 - )は、ブラジル出身の元サッカー選手、サッカー指導者(ゴールキーパーコーチ)。

マルキーニョス Football pictogram.svg
名前
本名 マルコ・アントニオ・トロコルト
ラテン文字 Marco Antonio Trocourt
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1963-09-05) 1963年9月5日(55歳)
出身地 リオグランデ・ド・スル州ノヴォ・アンブルゴ
選手情報
ポジション GK
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

経歴編集

1995年、選手引退後の31歳の頃よりブラジルのインテルナシオナルでゴールキーパーコーチ(GKコーチ)のキャリアをスタートさせる。

2002年J2セレッソ大阪にGKコーチとして招かれて来日。当時の監督は西村昭宏。セレッソ大阪はこのシーズンを見事リーグ2位で終え、1年でのJ1復帰を果たす。

2003年もGKコーチとしてJ1リーグを戦う選手たちを指導するが、シーズン途中に西村が解任され、翌2004年からはクラブがブラジル路線から東欧路線へとスタッフ、外国籍選手の人事を方針変更したことに伴い退団。

2004年以降はトルコの名門ガラタサライやブラジルへ戻ってからはゴイアスフラメンゴといった強豪クラブでGKコーチを務めることになる。

2006年西野朗に招かれてガンバ大阪のGKコーチに就任。所属するクラブは変わったが再び大阪の地へと戻ってきた。6年の間、GKコーチを務めた前任者のロビンソンの後任として、2009年までガンバ大阪で指導した。2011年から2012年まで再び、SCインテルナシオナルのGKコーチを務めた。

2013年、ガンバ大阪のGKコーチに4年ぶりに就任[1]。2015年シーズン終了後、契約満了により退団。

選手歴編集

指導歴編集

※全てGKコーチとしての指導

脚注編集

  1. ^ 2013シーズン ガンバ大阪 新加入コーチングスタッフのお知らせガンバ大阪オフィシャルサイト、2013年1月11日