メインメニューを開く

マルコ・タイツェヴィッチMarko Tajčević1900年1月29日 - 1984年7月19日)は、セルビア作曲家、教育者、音楽評論家。

オシエク出身。ザグレブプラハで学び、ウィーンではヨーゼフ・マルクスに師事した。ザグレブで音楽教師・音楽評論家を務めた後、1950年から1966年までベオグラード音楽理論の教授となった。「一般音楽学」(1949)や「対位法」(1958)などの音楽学の著作がある。

作品は後期ロマン派と南スラヴの民謡をベースにしているが、自由で現代的である。

作品編集

  • 7つのバルカン舞曲(1927)
  • ヴァリエーションズ(1950)
  • ソナチネ(1953)
  • 5つの前奏曲(1958)
  • 2つの小組曲(1958)
  • セルビア舞曲(1959)

文献編集

  • Zdravko Blažeković: Tajčević, Marko. In: Die Musik in Geschichte und Gegenwart. 2. Ausgabe, Personenteil, Band 16, 2006
  • Stana Duric-Klajn, Roksanda Pejović: Tajčević, Marko. In: The New Grove Dictionary of Music and Musicians. 2. Ausgabe, Band 25, 2001
  • Delo i delatnost Mihaila Vukdragovića i Marka Tajčevića. Zbornik radova sa naučnog skupa održanog 13. i 14. decembra 2000, povodom 100-godišnjice rođenja dvojice kompozitora (Werk und Wirken von Mihail Vukdragović und Marko Tajčević. Bericht zum wissenschaftlichen Kongress am 13. und 14. Dezember 2000 anlässlich des 100. Geburtstages der beiden Komponisten), hrsg. von der Serbischen Akademie der Wissenschaften und Künste, Bearbeiter: Dejan Despić, 2004, ISBN 86-7025-360-7