マロニルCoA (マロニルコエンゼイムエー、マロニルコエー)は、マロニル補酵素Aの略であり、マロン酸の誘導体。補酵素Aの末端のチオール基マロン酸チオエステル結合した化合物で、脂肪酸ポリケチドの合成における出発物質(プライマー)である。生体内ではアセチルCoAカルボキシレース (ACC) によりアセチルCoAから生合成される。

マロニルCoA
識別情報
CAS登録番号 524-14-1 チェック
PubChem 869
ChemSpider 10213 チェック
MeSH Malonyl+CoA
特性
化学式 C24H38N7O19P3S
モル質量 853.582
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

脂肪酸合成では、マロニルCoAはまずマロニルCoA: ACP転移酵素(MCAT, MT)によりアシルキャリアタンパク質(ACP)と結合してマロニルACPとして活性化され、マロニルACPが実際のプライマーとなる。マロニルACPがアセチルACPに逐次結合することで脂肪酸の炭素鎖が炭素数2ずつ増加していく。また、マロニルCoAは脂肪酸とカルニチンの結合を阻害することで、脂肪酸のβ酸化の制御に関与している。

出典編集

関連項目編集