マージーサイド

マージーサイド州から転送)

マージーサイド (Merseyside) は、英国イングランド北西部ので、ビートルズで有名な街リヴァプールを中心都市とする州。同州の西部に河口があるマージー川にちなんで名づけられた。かつてはランカシャー州の一部であったが、1972年の地方自治法英語版の施行によって、1974年に独立した都市州となった。人口は約137万人(2005年)、面積は645平方キロメートル。

マージーサイド
EnglandMerseyside.png
地理
様態 典礼および都市州
起源 1974年
リージョン イングランド北西部
面積
総面積
43 位
645 km2 (249 sq mi)
ONSコード 2B
NUTS 2 UKD5
人口統計
人口
総人口 (2004)
人口密度
9位
1,365,901
2,118 /km2 (5,490 /sq mi)
民族構成 97.1% 白色人種
2.9% 有色人種、アジア系、混血
政治
カウンティカウンシルなし
国会議員
ディストリクト
MerseysideNumbered.png
  1. リヴァプール
  2. セフトン
  3. ノーズリー
  4. セント・ヘレンズ
  5. ウィラル

マージーサイド州には、以下の都市・区が含まれる。

上記のうち、ウィラルのみ、マージー川の西岸に位置する。州境の北部をランカシャー州、東部を大マンチェスター州、南部をチェシャー州と接する(西側はアイリッシュ海)。一般的に、所得はあまり高くなく、失業者も多い地域とされている。

リヴァプール市に本拠地を置くサッカークラブであるリヴァプールFCエヴァートンFCの戦いを"マージーサイド・ダービー"と呼ぶ。

外部リンク編集