メインメニューを開く

ジュフ磨々道

マーマドゥ・ディオウフから転送)

ジュフ 磨々道(ジュフ ままどぅ、1977年8月17日 - )は、セネガル出身の日本の元プロバスケットボール選手である。現役時代のポジションはガードフォワード・シューティングガード。背番号は25→3→50→25。出生名と仙台・埼玉時代の登録名はマーマドゥ・ディオウフ(Mamadou Diouf)。

ジュフ 磨々道
Mamadou Diouf
Mamadou Diouf (Basketball).jpg
引退
ポジション(現役時) SF/PF/C
身長(現役時) 196cm (6 ft 5 in)
体重(現役時) 108kg (238 lb)
足のサイズ 28cm
基本情報
愛称 マドゥ
ラテン文字 Mamadou Diouf
誕生日 (1977-08-17) 1977年8月17日(41歳)
日本の旗 日本
出身地 セネガルの旗 セネガル
ドラフト  
選手経歴
2005-2007
2007-2008
2011-2012
2012-2017
仙台89ERS
埼玉ブロンコス
レバンガ北海道
東芝ブレイブサンダース神奈川

来歴編集

デラウェア大学卒業後の2003年セネガルナショナルチームに選ばれる。

2005年仙台89ERSに加入。

2006世界バスケにもセネガル代表として出場。bjリーグ在籍者で唯一同大会代表に選ばれた選手であった。(同じくセネガル代表のドンゴ・ヌジャイは翌年ライジング福岡に入団。)

同年、仙台と再契約。第1回オールスターにブースター投票で選ばれる。3月3日の高松ファイブアローズ戦では、チームは敗戦を喫したが、bjリーグ 2006-07シーズン最高となる44得点をマークして、3月の月間MVPを受賞した。

2007年、埼玉ブロンコスへ移籍。開幕当初は不振にあえぐも、徐々に力をつけ、埼玉ブロンコスの躍進に貢献した。シーズン終了を持って退団し、その後4年間は無所属となる。

2011年、レバンガ北海道に加入。日本国籍を取得し、登録名を「ジュフ磨々道」とする[1][2]

2012年、東芝ブレイブサンダースに移籍。

2017年、オフシーズンに引退。

脚注編集

外部リンク編集