メインメニューを開く

2006年バスケットボール世界選手権

2006年FIBAバスケットボール世界選手権FIBA World Championship 2006)は2006年8月19日から9月3日にかけて日本で開催された第15回バスケットボール世界選手権。通称「2006世界バスケ」。アジアでの開催は1978年フィリピン大会以来。大会のマスコットキャラクターは「バッドばつ丸」。

2006年世界選手権
第15回バスケットボール世界選手権
公式サイト
2006 FIBA World Championship
概要
開催国 日本の旗 日本
期間 8月19日 – 9月3日
チーム数 24チーム (212連盟)
会場 5会場 (5都市)
優勝  スペイン (1回目)
MVP スペインの旗 パウ・ガソル
詳細
選手 チーム
PPG 中華人民共和国の旗 姚明 (25.3)  アメリカ (103.6)
リバウンド ベネズエラの旗 リチャード・ルーゴ (11.4)  フランス (38.3)
アシスト アルゼンチンの旗 ペペ・サンチェス (5.8)  アメリカ (18.8)
2002
2010
ファイナルラウンドの会場となったさいたまスーパーアリーナ

なお、この大会で優勝したスペインは、2008年に開かれる北京オリンピックへの出場権を獲得した。

目次

開催までの経緯編集

さいたまスーパーアリーナ」の着工が決定したのに伴い、1997年1月に日本バスケットボール協会から同アリーナをメイン会場として2002年世界選手権招致への要請を受け、当時の埼玉県知事であった土屋義彦が中心となり招致活動を展開した。同年11月、2002年の開催は米国に敗れたものの、2006年の開催を決めた。なお、土屋氏は後に日本協会会長就任が決まっていたが、2003年に起きた長女の不祥事により県知事職を引責辞任しており、協会内外から非難を浴び辞退している。

2000年のこけら落としではスーパードリームゲーム2000、2001年にはヤングメン世界選手権(現・U-21世界選手権)が行われた。

2004年6月3日、全開催地が決定した。

本大会開催を1年後に控えた2005年、大会運営による財政難が指摘され、協会登録者から協力金を徴収する方針を決めたが、反発に遭い断念した。

同年11月にすべての出場国が決定し、2006年1月15日、組み合わせ抽選会が行われた。

開催地編集

グループゲームラウンド (2006年8月19日~24日)

予選グループ 開催地 会場
A 仙台市 仙台市体育館
B 広島市 広島県立総合体育館 (広島グリーンアリーナ)
C 浜松市 浜松アリーナ
D 札幌市 北海道立総合体育センター (きたえーる)

ファイナルラウンド (2006年8月26日~9月3日)

開催地 会場
さいたま市 さいたまスーパーアリーナ

出場国編集

世界選手権の出場枠は予選(大陸選手権)を勝ち抜いた18カ国とアテネオリンピック優勝のアルゼンチンワイルドカード4カ国、そして、開催国日本の24カ国で行われた。参加国数は1986年大会と並んで最多タイとなっている。

アフリカ大陸(アフリカ選手権編集

オセアニア大陸(オセアニア選手権編集

アメリカ大陸(アメリカ選手権編集

アジア大陸(アジア選手権編集

ヨーロッパ大陸(欧州選手権編集

特別招待枠(ワイルドカード)編集

これらの国より当該大陸の予選で成績が優秀だった国もあったが、人気その他様々な要素が考慮されて 招待国が決定された。

試合形式編集

グループゲームラウンド編集

  • まずは24チームが6チームずつ4グループに分かれて1回戦総当たり戦を行われた。
  • 次のラウンドに進めるのは各組から4ヶ国の16カ国。

ファイナルラウンド編集

  • 16ヵ国がその順位によって組み合わせを決定し、1回戦を行われた。
  • 1回戦の勝者は準々決勝に進出。
  • 準々決勝の勝者は準決勝、敗者は5~8位決定戦に回った。
  • 準決勝、決勝を勝ち進んだ国が世界一となった。
  • ベスト8決定戦、などの試合順は、予選ラウンドが終了するまで発表にならなかった。

グループゲームラウンド(8月19日-24日編集

Group A(仙台)編集

Team 勝点 試合数 得点 失点 得失点差 タイブレーク
  アルゼンチン 10 5 5 0 464 339 +125 x
  フランス 8 5 3 2 353 329 +24 x
  ナイジェリア 7 5 2 3 371 393 -22 2勝0敗
  セルビア・モンテネグロ 7 5 2 3 409 352 +57 1勝1敗
  レバノン 7 5 2 3 357 451 -94 0勝2敗
  ベネズエラ 6 5 1 4 336 426 -90 x

8月19日

8月20日

  ベネズエラ 72–82   レバノン
  セルビア・モンテネグロ 75–82   ナイジェリア
  アルゼンチン 80–70   フランス
  ナイジェリア 77–84   ベネズエラ
  レバノン 72–107   アルゼンチン
  フランス 65–61   セルビア・モンテネグロ

8月21日

8月23日

  アルゼンチン 96–54   ベネズエラ
  セルビア・モンテネグロ 104–57   レバノン
  フランス 64–53   ナイジェリア
  ナイジェリア 64–98   アルゼンチン
  ベネズエラ 65–90   セルビア・モンテネグロ
  レバノン 74–73   フランス

8月24日

  セルビア・モンテネグロ 79–83   アルゼンチン
  レバノン 72–95   ナイジェリア
  フランス 81–61   ベネズエラ

Group B(広島)編集

Team 勝点 試合数 得点 失点 得失点差
  スペイン 10 5 5 0 476 336 +140
  ドイツ 9 5 4 1 421 384 +37
  アンゴラ 8 5 3 2 451 406 +45
  ニュージーランド 7 5 2 3 345 393 -48
  日本 6 5 1 4 322 393 -71
  パナマ 5 5 0 5 326 429 -103

8月19日

8月20日

  ドイツ 81 - 70   日本
  アンゴラ 83 - 70   パナマ
  スペイン 86 - 60   ニュージーランド
  日本 62 - 87   アンゴラ
  ニュージーランド 56 - 80   ドイツ
  パナマ 57 - 101   スペイン

8月21日

8月23日

  アンゴラ 95- 73   ニュージーランド
  ドイツ 71 - 92   スペイン
  日本 78 - 61   パナマ
  スペイン 93 - 83   アンゴラ
  パナマ 63 - 81   ドイツ
  ニュージーランド 60 - 57   日本

8月24日

  アンゴラ 103 - 108   ドイツ
  ニュージーランド 86 - 75   パナマ
  日本 55 - 104   スペイン

Group C(浜松)編集

Team 勝点 試合数 得点 失点 得失点差
  ギリシャ 10 5 5 0 404 358 +46
  トルコ 9 5 4 1 370 351 +19
  リトアニア 8 5 3 2 413 353 +60
  オーストラリア 7 5 2 3 370 349 +21
  ブラジル 6 5 1 4 399 392 +7
  カタール 5 5 0 5 310 456 -146

8月19日

8月20日

  ブラジル 77–83   オーストラリア
  ギリシャ 84–64   カタール
  トルコ 76–74   リトアニア
  カタール 66–97   ブラジル
  オーストラリア 68–76   トルコ
  リトアニア 76–81   ギリシャ

8月22日

8月23日

  リトアニア 106–65   カタール
  ギリシャ 72–69   オーストラリア
  トルコ 73–71   ブラジル
  オーストラリア 57–78   リトアニア
  カタール 69–76   トルコ
  ブラジル 80–91   ギリシャ

8月24日

  オーストラリア 93–46   カタール
  リトアニア 79–74   ブラジル
  ギリシャ 76–69   トルコ

Group D(札幌)編集

Team 勝点 試合数 得点 失点 得失点差 対戦でのタイブレーク スコアでのタイブレーク
  アメリカ合衆国 10 5 5 0 543 428 +115 x x
  イタリア 9 5 4 1 386 367 +19 x x
  スロベニア 7 5 2 3 434 433 +1 1勝1敗 (167得点/160失点, 1.0438)
  中国 7 5 2 3 424 455 -31 1勝1敗 (165得点/167失点, 0.9880)
  プエルトリコ 7 5 2 3 432 440 -8 1勝1敗 (172得点/177失点, 0.9718)
  セネガル 5 5 0 5 355 451 -96 x x

8月19日

8月20日

  プエルトリコ 100–111   アメリカ合衆国
  スロベニア 96–79   セネガル
  中国 69–84   イタリア
  セネガル 79–88   プエルトリコ
  イタリア 80–76   スロベニア
  アメリカ合衆国 121–90   中国

8月22日

8月23日

  プエルトリコ 90–87   中国
  イタリア 64–56   セネガル
  スロベニア 95–114   アメリカ合衆国
  セネガル 83–100   中国
  プエルトリコ 82–90   スロベニア
  アメリカ合衆国 94–85   イタリア

8月24日

  スロベニア 77–78   中国
  イタリア 73–72   プエルトリコ
  アメリカ合衆国 103–58   セネガル

ファイナルラウンド(8月26日9月3日、さいたま)編集

ラウンド16 準々決勝 準決勝 決勝
                           
8月26日第1試合            
   アルゼンチン 79
8月29日第1試合
   ニュージーランド 62  
   アルゼンチン 83
8月26日第3試合
     トルコ 58  
   トルコ 90
9月1日第2試合
   スロベニア 84  
   アルゼンチン 74
8月26日第2試合
     スペイン 75  
   イタリア 68
8月29日第2試合
   リトアニア 71  
   リトアニア 67
8月26日第4試合
     スペイン 89  
   スペイン 87
9月3日第2試合
   セルビア・モンテネグロ 75  
   スペイン 70
8月27日第1試合
     ギリシャ 47
   ドイツ 78
8月30日第2試合
   ナイジェリア 77  
   ドイツ 65
8月27日第2試合
     アメリカ合衆国 85  
   アメリカ合衆国 113
9月1日第1試合
   オーストラリア 73  
   アメリカ合衆国 95
8月27日第3試合
     ギリシャ 101   3位決定戦
   フランス 68
8月30日第1試合 9月2日第2試合
   アンゴラ 62  
   フランス 56    アルゼンチン 81
8月27日第4試合
     ギリシャ 73      アメリカ合衆国 96
   ギリシャ 95
   中国 64  

順位決定戦編集

5-8位決定予備戦 5位決定戦
           
8月31日第1試合    
   トルコ(延長) 95
   リトアニア 84  
  9月2日第1試合
   トルコ 56
     フランス 64
 
3位決定戦
8月31日第2試合

9月3日第1試合

   フランス 75    リトアニア 77
   ドイツ 73      ドイツ 62

最終結果編集

2006年世界選手権
優勝国
:
 
スペイン
初優勝
順位
2   ギリシャ
3   アメリカ合衆国
4   アルゼンチン
5   フランス
6   トルコ
7   リトアニア
8   ドイツ
9   イタリア
10   アンゴラ
11   セルビア・モンテネグロ
12   スロベニア
13   オーストラリア
14   ナイジェリア
15   中国
16   ニュージーランド
17   プエルトリコ
18   レバノン
19   ブラジル
20   日本
21   ベネズエラ
22   セネガル
23   パナマ
24   カタール
 
決勝戦後お互いの健闘をたたえあうスペイン、ギリシャ人ファン

表彰選手編集

  • MVP
  • ベスト5

得点上位者編集

  1.   姚明 25.3
  2.   ダーク・ノビツキー 23.2
  3.   パウ・ガソル 21.25
  4.   カルロス・アロヨ 21.2
  5.   エリアス・アユソー 21.2
  6.   カーメロ・アンソニー 19.8
  7.   ドウェイン・ウェイド 19.2
  8.   ファディ・エル・ハティブ 18.8
  9.   イゴール・ラコセビッチ 18.3
  10.   ティアゴ・スプリッテル 16.4
  11.   ダーコ・ミリチッチ 16.1
  12.   セルカン・エルドガン 15.4

大会スポンサー編集

FIBAスポンサー編集

テレビ中継編集

衛星放送編集

スカイパーフェクト・コミュニケーションズ(現・スカパーJSAT)が国内独占放映権を獲得。

地上波編集

日本戦及び決勝戦はTBSで録画中継された。

  • 週末の日本戦や決勝戦はTBSをキー局としたJNN全国28局ネット、平日の日本戦は基幹8局ネット(HBCTBC・TBS・SBSCBCMBSRCCRKB)。但し、放送が深夜の為、自社制作番組を放送しているMBSとSBS(月のみ)は30分遅れ(MBSは月のみ45分遅れ)て放送した。
  • 中継の協賛スポンサークレジット(CM提供)は白地じゅうたんにカラー表示を入れてクレジットされた。
  • 日本戦においては、CM前にバスケ以外の様々なアスリートが登場し、バスケットボールを持って「世界バスケ、がんばれ日本」とエールを送っていた。
  • 解説:倉石平塚本清彦中原雄
  • 実況:清水大輔小笠原亘
  • リポーター:赤荻歩新井麻希

スペシャルサポーター編集

  • 永井大
  • 押切もえ
  • 開催各自治体の首長、それぞれ公式パンフレットにコメントを寄せている。
  • さいたまスーパーアリーナで行なわれた試合では試合間に、さいたま市長の相川宗一による挨拶があり、さいたま市のチアリーディングチームがパフォーマンスを行なった。パフォーマンスの前後には、彼女たちはゴール裏のアリーナ席でゲームを観戦した。(出場選手などのみに用意されたアリーナS席)

イメージソング編集

  • 「Top Of The World」(ZEEBRA

開催後編集

今大会は当初さいたまでの集中開催を予定していたが、諸般の事情によりグループゲームラウンドは分散開催となり経費が膨れ上がり、日本協会へのテレビ放映権などの取り分は少ない契約となっていたなどから、大会運営は13億円もの赤字となった。

日本協会は赤字の半分を負担する補正予算を提出したが、都道府県協会に6億5000万円を負担させる内容だったため、評議員会では地方協会役員が多い評議員の反対に遭い否決。その後も評議員に学識経験者を加えるなどして評議員会を招集したが、流会が続いた。予算自体は2007年11月の評議員会で採決されたものの、執行部に対する一部評議員の不信感はなお残り、日本オリンピック委員会(JOC)からの資格停止、その後の執行部刷新に至った。

なお、当選手権以前は、日本協会側がかつてJBLだったチームが脱退し発足したbjリーグに対し、選手との接触をタブーとするなど(その徹底振りは、一部名門大学でbjリーグのトライアウトを受けた選手に除籍処分を下す方針を打ち出す程)対立していたが、先述の問題における責任の所在を巡る日本協会の執行部派と反執行部派の内紛により、JBL自体のイメージダウンに繋がってしまった。皮肉な事に、その他の事情から新規参戦希望チームなしと言う事態に陥り、反bjリーグ派の役員の多くが退陣するに至り、2010年には日本協会側がbjリーグを承認、JBLとの歩み寄りを見せる等進展している。この脱退劇は、当選手権開催を巡る対立が発端であるとされ、歩み寄りの経緯に関しては、上記の内紛が最大の理由と言われている。

関連項目編集

外部リンク編集