マーリン・メルツァー

マーリン・ウェスコフ・メルツァー(Marlyn Wescoff Meltzer、1922年 - 2008年12月4日[1])は、世界初の汎用電子デジタルコンピュータであるENIACの、6人のオリジナルのプログラマのうちの1人である。

生涯Edit

 
ENIACのプログラミングのために配線を変えているプログラマ。ルース・リターマン(左)とマーリン・ウェスコフ(右)

メルツァーはフィラデルフィアに生まれ、1942年テンプル大学を卒業した。その年の終わり、彼女は加算機英語版の使い方を知っていたことから、ペンシルベニア大学ムーア・スクール(電気工学部)に計算手として雇用され、天候の計算を行った。1943年からは弾道軌道の計算を行った[2]。これらの計算は、手動の卓上機械式計算機を使用して行われた。1945年に、彼女はENIACの最初のプログラマの1人に選ばれた[3]

ENIACは、黒い8フィートのパネルを40個備えた巨大な装置だった。プログラマは、装置を介してデータとプログラムを処理するために、3000個のスイッチと多数のトレイにある電話交換コードを使用して、物理的にプログラムする必要があった[4]

メルツァーは、ルース・リターマンとともにはENIACプロジェクトの特別な領域の一部を担当した。アナログ技術を使用して、彼女らは弾道軌道方程式を計算した[5]。1946年、ENIACは一般大衆と報道機関の前で公開された[6]

当時、コンピュータで作業している女性にについては、世間にはほとんど認識されていなかった。この間、ENIACは非常に重要な装置になり、ハードウェアを製作した男性エンジニアはすぐに有名になった。しかし、そのソフトウェアを作り、実際に機械を動かした女性たちはすぐに歴史から姿を消した。メルツァーは、1947年にENIACがアバディーン性能試験場弾道研究所に移される前に、結婚のために退職した[2]

メルツァーは、Shir Ami Libraryと日曜学校でのボランティア活動を行っていた。彼女はまた、ニュージャージー州ユーイングのグリーンウッドハウスで10年以上にわたって食事の提供を行っていた。

晩年の4年間、彼女はフィラデルフィアのスーザン・B・コーメン財団のために、化学療法を受けた患者のための帽子を500個以上編んでいた[7]

メルツァーは、2008年12月7日にペンシルベニア州バックス郡ヤードリーで亡くなった[7]

賞と栄誉Edit

1997年、メルツァーはENIACの他のオリジナルのプログラマとともにWomen in Technology International(WITI)の女性技術者の殿堂入りを果たした。この賞は、科学技術のコミュニティに対して女性が行った顕著な貢献を認め、称賛し、促進するために、1996年にWITIによって設立されたものである。

ペンシルバニア大学における彼女のENIACでの仕事は、2010年のドキュメンタリー映画"Top Secret Rosies: The Female "Computers" of WWII"で紹介された。

関連項目Edit

脚注Edit

  1. ^ ENIAC Programmers Memorials, eniacprogrammers.org, access date 24 July 2014
  2. ^ a b IEEE Global Networl. Marlyn Meltzer. Ret. March 2014
  3. ^ W. Barkley Fritz. 1996. The Women of ENIAC Archived 2016-03-04 at the Wayback Machine.. IEEE Annals of the History of Computing 18:3. pp. 13-28.
  4. ^ Invisible Women: The Six Human Computers Behind The ENIAC”. Life Hacker (2015年11月10日). 2015年12月9日閲覧。
  5. ^ IEEE Global Network "Ruth Teitelbaum" http://www.ieeeghn.org/wiki6/index.php/Ruth_Teitelbaum Ret. March 2014
  6. ^ Overview”. ENIAC Programmers Project. 2015年12月9日閲覧。
  7. ^ a b Marlyn Wescoff Meltzer”. Find A Grave. 2015年12月9日閲覧。

外部リンクEdit


この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。