ルース・タイテルバウム

ENIACのプログラミングのために配線を変えているプログラマ。ルース・リターマン(左)とマーリン・ウェスコフ(右)

ルース・タイテルバウム(Ruth Teitelbaum、旧姓リターマン(Lichterman)、1924年 - 1986年)は、世界初の完全電子コンピュータENIACのオリジナルのプログラマの1人であり、世界初のコンピュータプログラマの1人である。

教育Edit

ニューヨーク市立大学ハンター校(ハンターカレッジ)で数学を專攻し、理学の学士号を取得した。

キャリアEdit

大学卒業後、ペンシルベニア大学ムーア・スクール(電気工学部)に雇用され、弾道軌道を計算する計算手となった。ムーア・スクールは、第二次世界大戦中に米軍から資金提供を受け、約80人の女性が弾道軌道を手計算し、複雑な微分計算を行っていた。

1943年6月、陸軍は世界初の完全電子デジタルコンピュータを製造する実験プロジェクトへの資金提供を決定した。タイテルバウムを含む6人の女性計算手が最初のプログラマに選ばれた[1][2]。ENIACは、黒い8フィートのパネルを40個備えた巨大な装置だった。プログラマは、装置を介してデータとプログラムを処理するために、3000個のスイッチと多数のトレイにある電話交換コードを使用して、物理的にプログラムする必要があった[2]

マーリン・メルツァーとともに、タイテルバウムはENIACプロジェクトの特別な領域の一部を担当した。アナログ技術を使用して、彼女らは弾道軌道方程式を計算した[3]。1946年、ENIACは一般大衆と報道機関の前で公開された。7人の女性はENIACをプログラミングする唯一のプログラマであり、プログラミング技術を他の人に教え続けた。

彼女はENIACとともにアバディーン性能試験場弾道研究所に移動し、他のENIACプログラマを訓練するためにさらに2年間滞在した[4]

私生活Edit

彼女はアドルフ・タイテルバウムと結婚した[5]。結婚許可証は1948年9月17日に発行された[6][7]

ルース・タイテルバウムは1986年にテキサス州ダラスで死亡した[2]

賞と栄誉Edit

1997年、彼女は他の5人のオリジナルのENIACプログラマと共に、Women in Technology International女性技術者の殿堂入りを果たした。本人は既に亡くなっていたため、夫が代わりに賞を受け取った[8]

脚注Edit

  1. ^ Haigh, Thomas; Mark,, Peter; Rope, Crispin (2016). Eniac in Action: Making and Remaking the Modern Computer. Cambridge, MA: MIT Press. pp. 26. ISBN 9780262033985. 
  2. ^ a b c Ruth Teitelbaum - Engineering and Technology History Wiki” (英語). ethw.org. 2017年10月3日閲覧。
  3. ^ IEEE Global Network "Ruth Teitelbaum" http://www.ieeeghn.org/wiki6/index.php/Ruth_Teitelbaum Ret. March 2014
  4. ^ Martin Gay: Recent Advances and Issues in Computers, The Oryx Press, Phoenix/Arizona, 2000, pp.106/107
  5. ^ Ruth L Teitelbaum in the U.S. City Directories, 1822-1995”. Ancestry.com. 2019年8月13日閲覧。
  6. ^ Adolph Teitelbaum in the New York, New York, Marriage License Indexes, 1907-2018”. Ancestry.com. 2019年8月13日閲覧。
  7. ^ Ruth L Lichterman in the New York, New York, Marriage License Indexes, 1907-2018”. Ancestry.com. 2019年8月13日閲覧。
  8. ^ Ruth Teitelbaum - Engineering and Technology History Wiki” (英語). ethw.org. 2017年10月3日閲覧。

外部リンクEdit


この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。