Women in Technology Hall of Fame

Women in Technology Hall of Fame(ウィメン・イン・テクノロジー・ホール・オブ・フェイム、女性技術者の殿堂)[注釈 1]は、Women in Technology International (WITI)が1996年に創設した、科学技術分野に貢献する女性を称えるための賞である[1]

受賞者編集

受賞年 氏名 生没年 肩書・受賞理由等
1996年 ルース・リーチ・アモネット 1916-2004[2] IBM初の女性ヴァイスプレジデント(1943年-1953年)[3]
エレナー・K・バウム英語版 1940- アメリカの電気工学者・教育者。クーパー・ユニオン工学部の初の女性学部長[4][5]アメリカ工学教育協会英語版の初の女性会長[6]
ジャレー・ダイエ英語版 1948- パロアルトに本拠を置く投資会社の資金調達技術スタートアップであるAurora Equityのマネージングパートナー[7]宇宙財団英語版の会計係(理事に任命された初の女性)。バンド・オブ・エンジェルズ英語版のメンバー
バーバラ・グラント英語版 ベンチャー・キャピタリスト。元・IBMのデータストレージ部門のヴァイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー[8]
ステファニー・クオレク 1923-2014 ケブラーの発明者。
ミーシャ・マホーワルド英語版 1963-1996 計算論的神経科学
リンダ・サンフォード英語版 1953-[9] IBMエンタープライズトランスフォーメーション
シェリル・L・シェイバーズ英語版 1953- アメリカ合衆国商務省標準・技術担当次官英語版(1999-2001年)[10]
シェイラ・ウィッドナル英語版 1938- アメリカの航空宇宙研究者。マサチューセッツ工科大学全学教授アメリカ合衆国空軍長官(1993-1997年)[11]。アメリカ軍初の女性長官。
呉健雄 1912-1997 マンハッタン計画に携わった中国系アメリカ人の物理学者
1997年 フラン・アレン 1932- アメリカの計算機科学者。コンパイラ最適化の分野の先駆者。
キャロル・バーツ 1948- Yahoo!元社長兼CEO。オートデスク元社長兼CEO。
キャスリーン・アントネッリ 1921-2006 ENIACのオリジナルの6人の女性プログラマ[12][13][14]
ジーン・バーティク 1924-2011[15]
ベティ・ホルバートン 1917-2001
マーリン・メルツァー 1922-2008
フランシス・スペンス 1922-2012
ルース・タイテルバウム 1924-1986
パメラ・ロプカー英語版 QAD創設者・元取締役会長・社長[16]
マーシャ・ノイゲバウアー英語版 1932- アメリカの地球物理学者。太陽風を初めて直接計測し、太陽風と彗星との相互作用に光を当てた。
ドナ・シャーリー英語版 1941- NASAジェット推進研究所の元火星探査マネージャー
シャアナ・ソウェル テキサス・インスツルメンツ元ヴァイスプレジデント[17]
パトリシア・ストーンサイファー英語版 1956-[18] ビル&メリンダ・ゲイツ財団元共同議長・CEO、マーサズテーブル英語版会長・CEO
パトリシア・ウォーリントン ゼロックス元ヴァイスプレジデント・CIO
ロサリン・ヤロー 1921-2011 アメリカの医学物理学者。放射免疫測定技術の開発により1977年のノーベル生理学・医学賞を受賞した[19]
1998年 アニタ・ボルグ英語版 1949-2003 アメリカの計算機科学者。Institute for Women in Technology(現アニタ・ボルグ女性と技術のための研究所英語版)とGrace Hopper Celebration of Women in Computing英語版を創設。
ミルドレッド・ドレッセルハウス英語版 1930- 物性物理学者。マサチューセッツ工科大学全学教授・名誉教授[20]
ガートルード・エリオン 1918-1999 アメリカの生化学者・薬理学者。1988年のノーベル生理学・医学賞を受賞。エイズ治療薬ジドブジンを開発した[21]
ジュリー・イングランド英語版 テキサス・インスツルメンツ元ヴァイスプレジデント[22]
エレノア・ヘリン 1932-2009[23] アメリカの天文学者。NASAジェット推進研究所の地球近傍小惑星追跡プログラム(NEAT)元主任研究員。
1999年 イボンヌ・ブリル英語版 1924-2013 カナダの技術者。NASAと国際海事衛星機構でロケットとジェット推進技術の開発を行った[24][25]
シェリータ・シーザー英語版 コムキャスト ヴァイスプレジデント[26]
テルマ・エストリン 1924-2014 計算機科学者・工学者。エキスパートシステム医用生体工学の先駆者。コンピュータを健康管理や医学研究に応用した初期の人物の一人。
クローディン・シムソン LSIコーポレーション元エクゼクティブヴァイスプレジデント・CTO。
内永ゆか子 IBM大和開発研究所ヴァイスプレジデント[27]
2000年 ボニー・J・ダンバー 1949- 元NASA宇宙飛行士。元航空博物館英語版代表兼CEO。ヒューストン大学英語版工学部教員[28]
アイリーン・グライフ英語版 コンピュータ支援協調作業英語版(CSCW)の分野の開拓者[29]。IBMフェロー[30]
ダーリーン・C・ホフマン英語版 1926- アメリカの核化学者。106番元素シーボーギウムの存在を確認した科学者の一人[31]
ジェニー・ファン英語版 ケース・ウェスタン・リザーブ大学の材料科学工学専攻で初めてPh.Dを取得した女性[32]
シャーリー・アン・ジャクソン英語版 1946- レンセラー工科大学学長。アメリカの物理学者。アメリカ合衆国原子力規制委員会の議長を務め、全米技術アカデミーに選出され、ヴァネヴァー・ブッシュ賞英語版を受賞した初のアフリカ系アメリカ人[33]
2001年 ル・ドゥイ・ローン英語版 1962- ベトナム系アメリカ人の工学者。女性及びアジア出身者で初めてテキサス・インスツルメンツのシニアフェローに選出された[34]
ジャネット・ペルナ IBMの情報マネジメントソリューションの元ゼネラルマネージャー。分散データベースシステムIBM Db2の開発に長く関わった[35]
ダーリーン・ソロモン アジレント・テクノロジーのシニアヴァイスプレジデント・CTO[36]バイオアナリシス英語版を専門とする。
2002年 ジュディ・エストリン英語版 アメリカの実業家。JLABS社長[37]シスコシステムズ元CTO[38]
キャロライン・コバック英語版 IBMコンピュータライフサイエンス部門の元ゼネラルマネージャー
エレーヌ・オーラン英語版 アメリカ合衆国海軍研究所計算物理学・流体力学研究室の主任研究員[39]
2003年 浅川智恵子 1958- IBMフェローIBM東京基礎研究所グループリーダーで、アクセシビリティの研究をしている。視覚障害者のための音声読み上げWebブラウザであるホームページリーダーを開発した[40]
ワンダ・ガス英語版 テキサス・インスツルメンツフェロー。ダラス女性財団の使途推奨冠名基金英語版で、STEMの学位を取得しようとする女性を支援する基金であるHigh-Tech High Heels(HTHH)の創設者でエクゼクティブ・ディレクター[41][42][43]
クリスティーナ・M・ジョンソン英語版 1957- アメリカの実業家、工学者
シャーリー・C・マッカーティ 航空宇宙コンサルタント[44]
2004年 メアリー・デル・チルトン英語版 1939- 現代の植物バイオテクノロジー遺伝子組み換えの創始者の一人[45]。「アグロバクテリウムの女王」として知られる[46]
E・ゲイル・ド・プランク英語版 1944-2010 環境放射線測定の専門家。女性および保健物理学者で初めてアメリカ合衆国原子力規制委員会委員になった[47]。固体線量測定英語版放射輸送放射線防護英語版環境放射線、原子力施設の監視、原子炉および人員の線量測定を専門とする[48]
パトリシア・セリンジャー英語版 IBMフェロー。アメリカの計算機科学者。関係データベース管理システム(RDBMS)の研究で知られる[49]
ジュディ・ショー英語版 テキサス・インスツルメンツのCMOSモジュール開発のディレクター[50]
スーザン・ソロモン英語版 1956-2010[51] 大気化学者。フロン類フリーラジカル反応機構オゾンホール生成の原因であることを初めて提唱した[52]
2005年 バーバラ・バウアー 技術革新、ソフトウェア開発、グローバル管理[53]
ソーニャ・バーンハート英語版 1959- オーストラリアのIT実業家。Women in Technology(WiT)創設者[54][55]
サンドラ・バーク 心臓・循環系生理学英語版者。アボット・ラボラトリーズの元非臨床心臓・循環系研究者。再狭窄英語版の治療に使用する薬剤溶出性ステント英語版を開発した[56]
メレンディ・E・ロヴェット英語版 テキサス・インスツルメンツのシニアヴァイスプレジデント。同社の教育技術ビジネスのプレジデント[57]。High-Tech High Heels(HTHH)の提唱者の一人[58]
アンパロ・モラレダ・マルティネス英語版 1964- イベルドローラ国際部門の元COO。IBMの元南ヨーロッパプレジデント。
ニーラ・ラマン スタンフォード大学上級研究員。アメリカ国立科学財団サイバーインフラ委員会顧問。元HP研究所英語版[59]
2006年 マリア・アズア 元IBM アドバンスド・クラウド・ソリューション担当ヴァイスプレジデント、元IBM テクノロジー&イノベーション担当ヴァイスプレジデント。トランスコーダ技術の特許、Javaの実装と拡張、データ操作[60][61]
フランソワーズ・バレ=シヌシ 1947- フランスのウイルス学者。パスツール研究所レトロウイルス感染部規制局長。HIVの発見により2008年のノーベル生理学・医学賞を受賞[62][63]
キム・ジョーンズ英語版 サン・マイクロシステムズUK&Ireland元前社長兼マネージングディレクター。 サン・マイクロシステムズ 元グローバル教育・政府・健康科学担当ヴァイスプレジデント。Curriki英語版 会長兼最高経営責任者[64]
Nor Rae Spohn ヒューレット・パッカード レーザージェット・プリンティング・ビジネス シニア・ヴァイスプレジデント[65][66]
Been-Jon Woo インテル 技術統合・開発ディレクター[67]
2007年 ワンダ・オースティン英語版 1954- エアロスペース・コーポレーション英語版の初のアフリカ系アメリカ人の社長兼CEO[68][69][70]
ヘレン・グライナー英語版 1967- iRobot共同設立者。UAV開発企業CyPhy Works社CEO[71][72]。オープンソース・ロボティクス財団理事[73]
ルーシー・サンダース英語版 全米女性情報技術センター英語版(NCWIT)共同設立者・CEO。コロラド大学ボルダー校ATLAS研究所エグゼクティブ・イン・レジデンス[74][75]
パッドマスリー・ウォーリアー英語版 シスコシステムズ最高技術・経営戦略責任者。元モトローラCTO[76][77][78][79]
2008年 デボラ・エストリン英語版 1959- ネットワークセンサの研究者。コーネル工科大学の最初の教員。UCLA組み込みネットワークセンシングセンターの設立ディレクター[80][81][82]。2018年のマッカーサーフェローの受賞者[83]
スーザン・フィッシャー=ホッホ英語版 1940- 感染症の専門家。テキサス大学システム英語版健康科学センター公衆衛生学部疫学教授[84][85]
マリー・ルー・ヨプセン英語版 Google X Labのディスプレイ部門長。ラップトップ向けの低コストで低電力のLCDスクリーンを製造するPixel Qi英語版の創設者。OLPC(One Laptop per Child)の共同設立者・初代最高技術責任者[86][87]
ゴルダナ・バンジャク=ノヴァコビッチ英語版 コロンビア大学の生物医学工学のセルビア系アメリカ人教授。幹細胞・組織工学研究所所長[88]。研究分野は組織工学、バイオリアクター、生物物理学的規制、組織の発達、幹細胞の研究[89][90]
徐健英語版(ジェーン・スー) IBM中国システム技術研究室CTO[91][92]
2009年 パトリシア・S・コウィングス英語版 1948- アフリカ系アメリカ人女性初の宇宙飛行士のペイロードの専門家として訓練を受けた科学者。NASAエイムズ研究センターヒューマンシステムインテグレーション部門の研究心理学者[93][94][95][96]
マクシーン・ファスバーグ英語版 インテルイスラエルのゼネラルマネージャー、技術製造グループのヴァイスプレジデント[97][98][99]
シャロン・ヌネス英語版 IBM・スマートシティー・ストラテジー・ソリューションズのヴァイスプレジデント[100][101][102]
Carolyn Turbyfill スタックセーフのヴァイスプレジデント[103][104]
2010年 サンディー・カーター英語版 IBMのワールドワイド・ヴァイスプレジデント[105][106][107]
ルース・A・デイビット英語版 ANSER (Analytic Services Inc)社長兼CEO[108]国土安全保障諮問委員会英語版委員[109]。元CIA科学技術副部長。
アデル・ゴールドバーグ 1945- 計算機科学者。1970年代にゼロックス・パロアルト研究所の研究者としてプログラミング言語Smalltalk-80とオブジェクト指向プログラミングに関連する様々な概念の開発に参加した。ParcPlace Systemsを創業した。
スージー・ウィー英語版 シスコシステムズCTO[110]。元HP研究所英語版CTO。ストリーミングを専門とし[111]JPEG 2000画像セキュリティ用のJPSEC標準を共同で執筆した[112][113]
ルース・ウエストハイマー英語版 1928- 「ドクター・ルース」の名で知られるアメリカのセックス・セラピスト英語版、タレント、作家[114]
2011年 アリシア・アベジャ英語版 AT&T研究所英語版エクゼクティブ・ディレクター[115]。ヒスパニック系教育の卓越性に関する大統領諮問委員会委員[116][117][118]
イヴリン・ベレジン 1925-2018 初のワードプロセッサを設計したことで知られるアメリカのコンピュータ技術者。また、初のコンピュータ予約システム、銀行用コンピュータデータシステムの設計を支援した[119]
ダイアン・ポゼフスキー英語版 ノースカロライナ大学計算機科学部の研究教授[120]
ソフィー・バンデブロエック英語版 ゼロックス・ゼロックスイノベーショングループCTO兼プレジデント[121][122][123][124]
リンダ・ワインマン英語版 1955- eラーニングサイトLynda.com英語版の共同設立者[125][126][127][128][129][130]
2012年 ジェネビーブ・ベル英語版 オーストラリアの人類学者[131]インテル研究所・ユーザインタラクション・エクスペリエンス部門ディレクター[132][133]
ジョアン・マーティン英語版 1947- IBM初のスーパーコンピュータの開発チームを管理し、システムの性能測定・分析を行った[134][135]
Jane Lubchenco 1947- ウクライナ系アメリカ人の環境科学者・海洋環境保護運動家[136]。女性初のアメリカ海洋大気庁(NOAA)長官[137][138][139][140]
グウィン・ショットウェル英語版 1963- スペースX社長[141][142][143]
2013年 マリアン・クローク英語版 AT&T研究所英語版 アプリケーション・サービスインフラストラクチャ シニアヴァイスプレジデント
ペギー・ジョンソン英語版 クアルコム エクゼクティブ・ヴァイスプレジデント、グローバル・マーケット開発プレジデント
Lisa McVey マクケッソン・コーポレーション英語版 エンタープライズ情報システム・エンタープライズイメージング CIO
ハイディ・ロイゼン英語版 1958- ドレイパー・フィッシャー・ジャーベットソン英語版 ベンチャーパートナー
Laura Sanders General Manager of Delivery Engineering & Technology and CTO for Global Technology Services, IBM Corporation
2014年 オーナ・ベリー英語版 1949- EMC コーポレート・ヴァイスプレジデント
ジェニファー・パルカ英語版 1969- コード・フォー・アメリカ英語版創設者
キム・ポレゼー英語版 1961- Chair, ClearStreet
クリス・リンネ英語版 Senior Vice President, Network & Product Planning, AT&T Services, Inc.
ローレン・ステーツ英語版 Vice President, Strategy and Transformation, IBM Software Group
2015年 Cheemin Bo-Linn Peritus Partners 社長兼CEO
ニシェル・ニコルズ 1932- アメリカの女優
Pam Parisian AT&T CIO
Sheryl Root RootAnalysis 社長兼CEO
Marie Wieck IBM ゼネラルマネジャー
2016年 キンバリー・ブライアント英語版 ブラック・ガールズ・コード英語版創設者
Roberta Banaszak Gleiter Global Institute For Technology & Engineering CEO
ハリエット・グリーン英語版 IBM ゼネラルマネージャー
ジェニファー・イェーツ AT&T アシスタント・ヴァイスプレジデント
Ellie Yieh アプライド・マテリアルズ コーポレート・ヴァイスプレジデント
2017年 ビーナ・アマナス ヒューレット・パッカード・エンタープライズ グローバルヴァイスプレジデント
Krunali Patel テキサス・インスツルメンツ ヴァイスプレジデント
リサ・シーキャット・デルーカ IBM ストラテジスト
セルマ・スヴェンセン iRobot シニアディレクター
エリザベス・シュウ英語版 BMCソフトウェア CTO
2018年 ロンダ・チルドレス英語版[144] IBM Fellow VP - GTS Data Security and Privacy Officer, IBM
エリザベス・J・フェインラー英語版[145] インターネットの先駆者
ロズ・ホー[146] ティーボ シニアヴァイスプレジデント・ゼネラルマネージャー
サントッシュ・クリネック英語版[147] ロチェスター工科大学工学部教授
ヤンビン・リー[148] VMware シニアヴァイスプレジデント・ゼネラルマネージャー
ラシャミ・ラオ[149] ハーマン・インターナショナル Global Head, Advanced Engineering
2019年 ヘザー・ヒントン[150] IBMヴァイスプレジデント・上級エンジニア
ジュリア・リウソン英語版[151] 1970- マイクロソフトコーポレート・ヴァイスプレジデント
サラ・ラシネック[152] マイアミ大学教授
ナタリア・トラヤノヴァ英語版[153] ジョンズ・ホプキンズ大学医学部教授
ブランカ・トレビーニョ英語版[154] ソフトテック英語版社長兼CEO

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ "Women in Technology International Hall of Fame"(WITI Hall of Fame)という表記も見られるが、WITI公式サイトの表記に従った。

出典編集

  1. ^ WITI Hall of Fame”. 2013年4月28日閲覧。
  2. ^ Amonette, Ruth Leach”. Facts on File. 2013年9月9日閲覧。
  3. ^ IBM Women in WITI Hall of Fame: Ruth Amonette”. IBM Archives (2003年1月23日). 2013年4月26日閲覧。
  4. ^ Hatch, Sybil E. (2006). Changing Our World: True Stories of Women Engineers. ASCE Publications, 9780784408353
  5. ^ Proffitt, Pamela (1999). Notable Women Scientists. Gale Group, 9780787639006
  6. ^ Avnet Executive Biography”. 2013年4月26日閲覧。
  7. ^ CRDF Global Board of Directors”. 2015年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月26日閲覧。
  8. ^ Dr. Barbara Grant, Managing Director, American River Ventures”. 2016年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月27日閲覧。
  9. ^ Linda S. Sanford, NNDB”. 2013年4月27日閲覧。
  10. ^ Cheryl L. Shavers, NNDB”. 2013年4月27日閲覧。
  11. ^ Dr. Sheila E. Widnall, U.S. Air Force Biographies”. 2012年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月27日閲覧。
  12. ^ da Cruz, Frank. “Programming the ENIAC”. Columbia University Computing History. 2013年4月28日閲覧。
  13. ^ ENIAC Programmers Project: Honoring Computer Pioneers and Preserving Their Stories”. 2013年4月27日閲覧。
  14. ^ Top Secret Rosies: The Female Computers of World War II (documentary)”. 2013年4月27日閲覧。
  15. ^ Jean Jennings Bartik Computing Museum at Northwest Missouri State University”. 2013年4月27日閲覧。
  16. ^ Executive Team, QAD Inc.”. 2013年4月27日閲覧。
  17. ^ Shauna Black bio, Shauna Black and Associates”. 2013年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月27日閲覧。
  18. ^ Patty Stonesifer, NNDB”. 2013年4月27日閲覧。
  19. ^ Obituary in The Telegraph
  20. ^ Natalie Angier (2012年7月2日). “Carbon Catalyst for Half a Century”. New York Times. https://www.nytimes.com/2012/07/03/science/carbon-catalyst-for-half-a-century.html 2012年7月3日閲覧。 
  21. ^ Holloway, M. (1991) Profile: Gertrude Belle Elion - The Satisfaction of Delayed Gratification, Scientific American 265(4), 40-44.
  22. ^ Women in Science, The Tech Club: Julie Spicer England”. 2013年4月27日閲覧。
  23. ^ MPML
  24. ^ QMI AGENCY, "Pioneer Canadian rocket scientist dead at age 88", The Toronto Sun, March 27, 2013
  25. ^ Invent Now, "HALL OF FAME/ Inventor Profile" Archived 2013-04-07 at the Wayback Machine., Invent Now, Accessed March 27, 2013
  26. ^ Women in Cable Telecommunications (WICT), Biographies: Sherita T. Ceasar”. 2013年4月27日閲覧。
  27. ^ IBM Women in WITI Hall of Fame: Yukako Uchinaga” (2003年1月23日). 2013年4月27日閲覧。
  28. ^ Retired Astronaut, Engineer Bonnie Dunbar to Lead UH STEM Center”. 2019年12月10日閲覧。
  29. ^ Girl Geeks, Women Who Inspire Us: Irene Greif”. 2013年4月27日閲覧。
  30. ^ Irene Greif biography, IBM Watson Research Center”. 2013年4月27日閲覧。
  31. ^ Darleane Hoffman, Harold Johnston to Receive National Medal of Science
  32. ^ H-Technologies Group, Jennie S. Hwang: Reliability Comes to the Forefront”. 2013年4月27日閲覧。
  33. ^ Rensselear Polytechnic, President Profile: Shirley Ann Jackson, Ph.D.”. 2013年4月27日閲覧。
  34. ^ Texas Instruments Corporate Citizens: Case Studies, Seeking Women Engineers”. 2013年4月27日閲覧。
  35. ^ IBM Women in WITI Hall of Fame: Janet Perna” (2003年1月23日). 2013年4月27日閲覧。
  36. ^ Agilent Company Information, Executives, Darlene J. S. Solomon”. 2013年4月27日閲覧。
  37. ^ JLabs, LLC: Judy Estrin”. 2013年4月27日閲覧。
  38. ^ Girl Geeks, Women Who Inspire Us: Judy Estrin”. 2013年4月27日閲覧。
  39. ^ University of Michigan, Aerospace Engineering: Elaine S. Oran (Adjunct)”. 2013年4月27日閲覧。
  40. ^ IBM Research, Tokyo Research Library, TRL Researchers: Chieko Asakawa”. 2013年4月27日閲覧。
  41. ^ TI News Room: Two Dallas women attend during White House event highlighting support and retention of women and girls in science, technology, engineering and math (STEM) careers”. 2013年4月28日閲覧。
  42. ^ TI Employee Spotlight_Wanda Gass”. 2013年4月28日閲覧。
  43. ^ High-Tech High Heels: Closing the gender gap in Science, Technology, Engineering and Math: About”. 2013年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月28日閲覧。
  44. ^ Wald, Matthew L. (2003年9月23日). “All 9 Members of a NASA Safety Panel Resign”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2003/09/23/us/all-9-members-of-a-nasa-safety-panel-resign.html 2013年4月28日閲覧。 
  45. ^ Vanderkam, Laura (2008年5月14日). “"What Amuses Me:" Mary-Dell Chilton: A 1956 Westinghouse finalist moves from optics and telescopes to revolutionizing agriculture”. http://www.scientificamerican.com/article.cfm?id=what-amuses-me-mary-dell-chilton 2013年4月28日閲覧。 
  46. ^ Charles, Daniel (2001). Lords of the harvest : Biotech, big money, and the future of food.. Reading, Massachusetts: The Perseus Books Group. ISBN 9780738202914. https://archive.org/details/lordsofharvestbi00char 
  47. ^ Lubenau, CHP, Joel O.. “In Memoriam: E. Gail de Planque”. Health Physics Society. 2013年4月28日閲覧。
  48. ^ About NRC: Our Organization: The Commission: Former Commissioners: Dr. E. Gail de Planque”. United States Nuclear Regulatory Commission. 2013年4月28日閲覧。
  49. ^ Selinger, P. G.; Astrahan, M. M.; Chamberlin, D. D.; Lorie, R. A.; Price, T. G. (1979), “Access Path Selection in a Relational Database Management System”, Proceedings of the 1979 ACM SIGMOD International Conference on Management of Data, pp. 23-34, doi:10.1145/582095.582099, ISBN 978-0897910019 
  50. ^ TI News Center: Lovett Joins Impressive List of More Than 50 Female Role Models in Science and Technology”. 2013年4月28日閲覧。
  51. ^ Susan Solomon”. Science History Institute (2016年6月). 2019年12月10日閲覧。
  52. ^ InterViews: Susan Solomon (podcast)”. National Academy of Sciences. 2013年4月28日閲覧。
  53. ^ GlobalSight Partners: Biographies”. 2013年4月28日閲覧。
  54. ^ WIT (2006年). “About Us”. Women In Technology. http://www.wit.org.au/default.asp?PageID=6&n=About+us 2008年10月1日閲覧。 
  55. ^ Sonja Bernhardt to be awarded the Medal of the Order of Australia”. Australian Anthill (2011年1月25日). 2013年4月28日閲覧。
  56. ^ Phillips, Bruce E. (Sep-Oct 2005). “Science Spectrum Trailblazers: Top Minorities in Research Science 2005”. Science Spectrum (Vol. 2, No. 1). Career Communications Group. p. 40. 2013年4月28日閲覧。
  57. ^ TI Executive Officers: Melendy Lovett”. 2013年4月28日閲覧。
  58. ^ STEM Directory » Melendy Lovett - Texas Instruments”. 2013年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月28日閲覧。
  59. ^ Stanford Entrepreneurship Network: Neerja Raman, Distinguished Visiting Scholar, Media X”. 2013年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月28日閲覧。
  60. ^ IBM Women in WITI Hall of Fame: Maria Azua” (2003年1月23日). 2013年4月28日閲覧。
  61. ^ del Valle, Elena (2010年2月8日). “Listen to podcast interview with Maria Azua, VP, IBM Enterprise Initiatives about social networks”. HispanicMPR. 2013年4月28日閲覧。
  62. ^ “Nobel prize for viral discoveries”. (2008年10月6日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/7654214.stm 2013年4月28日閲覧。 
  63. ^ Nobel Lecture: HIV: a Discovery Opening the Road to Novel Scientific Achievements and Global Health Improvement”. Nobelprize.org. 2013年4月28日閲覧。
  64. ^ Executive interview: Kim Jones, Sun UK managing director”. ComputerWeekly.com (2009年2月). 2013年4月28日閲覧。
  65. ^ Kovsky, Eddie (2006年11月27日). “Q & A with Hewlett-Packard's Nor Rae Spohn”. Long Island Business News 
  66. ^ Hagadone, Zach (2008年6月20日). “Boise HP exec announces retirement as company gears up for reorganization”. Idaho Business Review 
  67. ^ Dr. Been-Jon Woo: Silicon Technology Pioneer”. A Culture Research Project for Women Studies 320: Gender and Technology, Steven Haskell: 2008, Oregon State University (2008年7月5日). 2013年4月28日閲覧。
  68. ^ The Aerosace Corporation: Corporate Officers: Biography: Dr. Wanda M. Austin (PDF)”. 2013年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月28日閲覧。
  69. ^ Q&A with Dr. Wanda Austin”. 2013年4月28日閲覧。
  70. ^ Wanda M. Austin, class of 2012”. Horatio Alger Association of Distinguished Americans, Inc.. 2013年4月28日閲覧。
  71. ^ Kirsner, Scott (2012年12月3日). “CyPhy Works, startup from iRobot co-founder Helen Greiner, unveils two hover-drones”. 2013年4月28日閲覧。
  72. ^ CyPhyWorks Leadership: Biography: Helen Grenier, CEO”. 2013年4月28日閲覧。
  73. ^ OSRF People: Helen Greiner”. 2013年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月28日閲覧。
  74. ^ NCWIT: About Us: Who We Are: Board of Directors: Lucy Sanders”. 2013年4月28日閲覧。
  75. ^ University of Colorado directory: Lucinda M. Sanders”. 2013年4月28日閲覧。
  76. ^ Cisco Executive Bios: Padmasree Warrior”. 2013年4月28日閲覧。
  77. ^ Huffington Post author page: Padmasree Warrior”. 2013年4月28日閲覧。
  78. ^ “Cisco ropes in former Motorola CTO Padmasree Warrior”. Economic Times. (2007年12月5日). http://articles.economictimes.indiatimes.com/2007-12-05/news/28466460_1_chief-executive-john-chambers-cisco-systems-networking 2013年4月28日閲覧。 
  79. ^ Singh, Shelley (2012年6月30日). “Padmasree Warrior among favourites for CEO job in Cisco”. Economic Times. http://articles.economictimes.indiatimes.com/2012-06-30/news/32484157_1_padmasree-warrior-john-chambers-cisco-s-asia-pacific 2013年4月28日閲覧。 
  80. ^ People: Deborah Estrin, Ph.D.”. 2012年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月28日閲覧。
  81. ^ Tiku, Nitasha (2012年6月). “Cornell's Tech Campus Poaches UCLA's Deborah Estrin for Its Technologist Dream Team”. BeatBeat.com. 2013年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月28日閲覧。
  82. ^ Deborah Estrin is first NYC tech campus faculty member”. Cornell Chronicle (2012年6月28日). 2013年4月28日閲覧。
  83. ^ Deborah Estrin - MacArthur Foundation”. www.macfound.org. 2018年12月21日閲覧。
  84. ^ Dr. Susan P. Fisher-Hoch”. The Takeaway with John Hockenberry. 2013年4月28日閲覧。
  85. ^ Faculty Directory: Dr. Susan P. Fisher-Hoch”. 2013年4月28日閲覧。
  86. ^ Kahle, Brewster (2008年5月12日). “Scientists & Thinkers: Mary Lou Jepsen”. Time. http://www.time.com/time/specials/2007/article/0,28804,1733748_1733754_1736211,00.html 2013年4月28日閲覧。 
  87. ^ Clark, Liesl (November-December 2007). “A Conversation with Mary Lou Jepsen”. ACM Queue 5 (7): 9-15. doi:10.1145/1331287.1331291. http://queue.acm.org/detail.cfm?id=1331291 2013年4月28日閲覧。. 
  88. ^ Faculty Listing: Gordana Vunjak-Novakovic, Mikati Foundation Professor of Biomedical Engineering and Medical Sciences”. 2013年4月28日閲覧。
  89. ^ http://engineering.columbia.edu/columbia-engineers-patch-heart
  90. ^ Hotz, Robert Lee (2012年9月18日). “Printing Evolves: An Inkjet for Living Tissue”. Wall Street Journal. https://www.wsj.com/articles/SB10000872396390443816804578002101200151098 2013年4月28日閲覧。 
  91. ^ IBM Women in WITI Hall of Fame: Jane Xu” (2003年1月23日). 2013年4月28日閲覧。
  92. ^ Savage, Shirley S. (November 2008). “The Passionate Inventor: IBMer Jane Xu innovates to change the technology world”. IBM Systems Magazine. http://www.ibmsystemsmag.com/mainframe/stoprun/Stop-Run/The-Passionate-Inventor/ 2013年4月28日閲覧。. 
  93. ^ Meet: Patricia Cowings, Ph.D.: Psychophysiologist NASA Ames Research Center”. 2015年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月3日閲覧。
  94. ^ St. Louis, Stacy (2006年7月26日). “Patricia Cowings to Receive National Women of Color Leadership Award”. NASA Ames Research Center. 2013年5月3日閲覧。
  95. ^ Patricia S. Cowings, Ph. D: Research Psychologist, Psychophysiologist”. The Benjamin Banneker Institute for Science and Technology (BBIST). 2013年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月3日閲覧。
  96. ^ “Patricia Cowings, PhD NASA psychophysiologist”. GradPSYCH Magazine. (September 2005). http://www.apa.org/gradpsych/2005/09/cover-cowings.aspx 2013年5月3日閲覧。. 
  97. ^ Shelach, Shmulik (2012年1月29日). “Maxine Fassberg ousted as Intel Israel chief: Fassberg will be responsible for obtaining Israeli government grants, working under new general manager Mooly Eden.”. Globes [Online], Israel business news. http://www.globes.co.il/serveen/globes/docview.asp?did=1000720055&fid=1725 2013年4月28日閲覧。 
  98. ^ Shamah, David (2012年3月20日). “Israeli-made processor responsible for 40% of Intel’s 2011 sales: The company and the country have a deeper relationship than most realize”. The Times of Israel. http://www.timesofisrael.com/israeli-made-processor-responsible-for-40-of-intels-2011-sales/ 2013年4月28日閲覧。 
  99. ^ Heruti-Sover, Tali (2013年1月29日). “Intel Israel: Pioneer Employer of Women”. Al-Monitor Israel Pulse. http://www.al-monitor.com/pulse/originals/2013/01/intel-israel-pioneer-employer-of-women.html 2013年4月28日閲覧。 
  100. ^ Pathak, Shareen (2011年5月2日). “Tech Job Watch: Making City Living Easier: IBM's Sharon Nunes”. 2013年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月3日閲覧。
  101. ^ Nunes, Sharon (21 December 2010). “Why and How Communication Breeds Success”. Bloomberg Businessweek. http://www.businessweek.com/managing/content/dec2010/ca20101217_672370.htm#r=auth-s 2013年5月3日閲覧。. 
  102. ^ Nunes, Sharon (6 July 2010). “Viewpoint: How To Work Outside Your Comfort Zone”. Bloomberg Businessweek. http://www.businessweek.com/managing/content/jul2010/ca2010071_670440.htm#r=auth-s 2013年5月3日閲覧。. 
  103. ^ Turbyfill, Dr. Carolyn (2011年11月). “Risk-Based Metrics for Software System Design, Development, and Test”. IEEE USA's Today's Engineer. 2013年5月3日閲覧。
  104. ^ Turbyfill, Carolyn (2013年3月16日). “#9 - The #1 Global Security Threat?”. 2013年5月3日閲覧。
  105. ^ 'Culture Eats Strategy for Lunch': An Interview with IBM's Sandy Carter”. 2009年8月21日閲覧。
  106. ^ Interview with Sandy Carter at IBM's IMPACT 2009 Conference”. InformationWeek (2009年5月13日). 2009年8月21日閲覧。
  107. ^ Bryan Richard, Adam Goodman (2007年5月24日). “The "S" Stands for Service: An Interview with Sandy Carter, IBM's VP of SOA Strategy”. Linux Magazine. 2013年5月3日閲覧。
  108. ^ Ruth David, Ph.D., President & Chief Executive Officer Analytic Services Inc.”. 2013年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月3日閲覧。
  109. ^ Homeland Security Advisory Council Members”. 2013年5月3日閲覧。
  110. ^ Susie Wee”. IEEE. 2013年5月3日閲覧。
  111. ^ “Innovators Under 35: Susie Wee, 32, Internet and Web”. MIT Technology Review. (2002). http://www2.technologyreview.com/tr35/profile.aspx?TRID=407 2013年5月3日閲覧。. 
  112. ^ Susie WEE's Top 10 Career Tips”. Stanford Women in Electrical Engineering (WEE) (2005年4月14日). 2015年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月3日閲覧。
  113. ^ McGee-Smith, Sheila (2012年10月18日). “Cisco Collaboration Summit: Interview with CTEO Susie Wee”. NoJitter.com. 2013年5月3日閲覧。
  114. ^ Barron, James. "Art/Architecture: Some Things Never Age. Just Ask Dr. Ruth." The New York Times 13 December 1998.
  115. ^ people:labs research: Alicia Abella”. 2013年5月3日閲覧。
  116. ^ Office of the Press Secretary (2011年5月26日). “President Obama Announces Members of the President's Advisory Commission on Educational Excellence for Hispanics”. The White House. 2013年5月3日閲覧。
  117. ^ Hopkins, Katy (2012年7月10日). “How to Encourage Women to Consider STEM Majors”. U.S.News & World Report. https://www.usnews.com/education/best-colleges/articles/2012/07/10/how-to-encourage-women-to-consider-stem-majors 2013年5月3日閲覧。 
  118. ^ Empowering Future Scientists | Alicia Abella MS'93, MPhil'94, PhD'95”. Columbia Engineering (Spring 2013). 2013年5月3日閲覧。
  119. ^ Wayne, Tiffany K. (2010). American Women of Science Since 1900. ABC-CLIO. pp. 234. ISBN 9781598841589. https://books.google.com/books?id=gPGZJ_YuMwgC 
  120. ^ Diane Pozefsky: Department of Computer Science, University of North Carolina”. 2013年5月3日閲覧。
  121. ^ Xerox: Innovation Home > Inside Innovation at Xerox: Sophie Vandebroek”. 2013年5月3日閲覧。
  122. ^ Mayor, Tracy (19 November 2012). “Women in IT: How deep is the bench?”. ComputerWorld. http://www.computerworld.com/s/article/9233690/Women_in_IT_How_deep_is_the_bench_ 2013年5月3日閲覧。. 
  123. ^ Cooley, Brian. “What's next from the people who invented the PC?”. CNET. 2013年5月3日閲覧。
  124. ^ Dr. Sophie Vandebroek”. A Field Guide to Female Leaders, Influencers & Deal Makers. 2013年6月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月3日閲覧。
  125. ^ lynda.com » About lynda.com » Lynda Weinman”. 2013年5月3日閲覧。
  126. ^ Kuo, Benjamin F. (2010年10月28日). “Interview with Lynda Weinman and Bruce Heavin, Lynda.com”. socialtech.com. 2013年5月3日閲覧。
  127. ^ Singel, Ryan (16 June 2011). “A Paywall That Pays Off: How Lynda.com Broke All the Rules and Won”. Wired. https://www.wired.com/business/2011/06/lynda/all/ 2013年5月3日閲覧。. 
  128. ^ Palladino, D.J. (2011年7月21日). “Who in the World Is Lynda.com?: How a Fee-Based Educational Web Site Grew So Huge”. Santa Barbara Independent. http://www.independent.com/news/2011/jul/21/who-world-lyndacom/ 2013年5月3日閲覧。 
  129. ^ Gossett, Sherrie (Fall 2011). “Lynda Weinman: Queen Of The Triple Win”. The New Individualist. http://www.atlassociety.org/tni/lynda-weinman 2013年5月3日閲覧。. 
  130. ^ Swisher, Kara (2013年2月18日). “Lynda Weinman of Lynda.com Talks About Future of Learning Online (Video)”. All Things D. 2013年5月3日閲覧。
  131. ^ Distinguished Lecturer: Genevieve Bell The Social Life of Cell Phones”. The Intel Innovator. 2013年5月3日閲覧。
  132. ^ Waldman, Katy (2012年6月19日). “Despite What You've Heard, Tech is Not a Man's World: Talking to Intel's Genevieve Bell”. Slate.com. 2013年5月3日閲覧。
  133. ^ Madrigal, Alexis C. (28 November 2012). “Why People Really Love Technology: An Interview With Genevieve Bell”. The Atlantic. https://www.theatlantic.com/technology/archive/2012/11/why-people-really-love-technology-an-interview-with-genevieve-bell/265596/ 2013年5月3日閲覧。. 
  134. ^ Martin, edited by Joanne L.; Lundstrom, Stephen F. (1989). Proceedings, supercomputing '88. science and applications. Washington, D.C.: IEEE Computer Society Press. ISBN 978-0818689239 
  135. ^ Martin, Joanne L.; Mueller-Wichards, Dieter (1 January 1987). “Supercomputer performance evaluation: Status and directions”. The Journal of Supercomputing 1 (1): 87-104. doi:10.1007/BF00138607. 
  136. ^ Jane Lubchenco”. Encyclopædia Britannica. 2013年5月3日閲覧。
  137. ^ “OSU's Lubchenco confirmed as head of NOAA”. Associated Press. The Oregonian. (2009年3月19日). http://www.oregonlive.com/environment/index.ssf/2009/03/osus_lubchenco_confirmed_as_he.html 2009年3月22日閲覧。 
  138. ^ NOAA Administrator, Dr. Jane Lubchenco”. National Oceanic and Atmospheric Administration (NOAA). 2014年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月3日閲覧。
  139. ^ Monastersky, Richard (19 December 2010). “Newsmaker of the year: In the eye of the storm: She set out to revolutionize US ocean management — but first she faced the oil spill. Jane Lubchenco is Nature's Newsmaker of the Year”. Nature 468 (468): 1024-1028. doi:10.1038/4681024a. PMID 21179143. 
  140. ^ Samenow, Jason (2012年12月12日). “NOAA Administrator Jane Lubchenco stepping down in February”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/blogs/capital-weather-gang/post/noaa-administrator-jane-lubchenco-stepping-down-in-february/2012/12/12/b9edb47c-4477-11e2-9648-a2c323a991d6_blog.html 2013年5月3日閲覧。 
  141. ^ SpaceX people”. 2013年5月3日閲覧。
  142. ^ “The World's Most Powerful Women: Women to Watch (2012): Gwynne Shotwell”. Forbes. https://www.forbes.com/special-report/2012/power-women/gwynne-shotwell.html?v=5 2013年5月3日閲覧。 
  143. ^ Hontz, Jenny (Spring 2012). “Rocket Ma'am: Gwynne Shotwell’s soaring career in space aeronautics was launched thanks to a few random decisions”. Northwestern (magazine). http://www.northwestern.edu/magazine/spring2012/feature/rocket-maam.html 2013年5月3日閲覧。 
  144. ^ WITI Hall of Fame, Rhonda Childress Profile”. Women in Technology International. 2019年11月6日閲覧。
  145. ^ WITI Hall of Fame, Elizabeth Feinier Profile”. Women In Technology International. 2019年11月6日閲覧。
  146. ^ WITI Hall of Fame, Roz Ho Profile”. Women in Technology International. 2019年11月6日閲覧。
  147. ^ WITI Hall of Fame, Santosh Kurinec Profile”. Women in Technology International. 2019年11月6日閲覧。
  148. ^ WITI Hall of Fame, Yanbing Li Profile”. Women in Technology International. 2019年11月6日閲覧。
  149. ^ WITI Hall of Fame, Rashmi Rao Profile”. Women in Technology International. 2019年11月6日閲覧。
  150. ^ WITI - Heather Hinton”. Women in Technology International. 2019年11月6日閲覧。
  151. ^ WITI - Julia Liuson”. Women in Technology International. 2019年11月6日閲覧。
  152. ^ WITI - Sara Rushinek”. Women in Technology International. 2019年11月6日閲覧。
  153. ^ WITI - Natalia Trayanova”. Women in Technology International. 2019年11月6日閲覧。
  154. ^ WITI - Blanca Trevino”. Women in Technology International. 2019年11月6日閲覧。

外部リンク編集