メインメニューを開く
ミケーレ・テノーレ

ミケーレ・テノーレ(Michele Tenore、1780年5月5日 - 1861年7月19日)はナポリで活躍したイタリアの植物学者である。

略歴編集

ナポリで生まれた。ナポリ大学で学び、1800年に医学の学位を取った。植物学者のドメニコ・チリッロ(Domenico Maria Leone Cirillo、1739年-1799年)やヴィンチェンツォ・ペターニャ(Vincenzo Petagna、1734年-1810年)と親しくなり、アブルッツォ州、特にや マイエッラ山 (Majella)地域で植物採集旅行を行なった。植物学の個人教授を行い、1811年にペターニャの後を継いで、ナポリ大学の植物学の教授となった。

ナポリがフランス領となった時に作られた、ナポリ植物園の設立に貢献し、1850年には園長となった。アッカデーミア・ナツィオナーレ・デッレ・シェンツェ(Accademia nazionale delle scienze、イタリア科学アカデミー)の会長も務めた。

鉱物の黒銅鉱(Tenorite)は彼にちなんで命名された。

主な著書編集

  • TENORE M., 1811年-38年 - Flora Napolitana. Napoli. 1-5. Stamperia Reale, Napoli. Tipografia del Giornale Enciclopedico, Napoli. Stamperia Francese, Napoli. Stamperia Francese, Napoli.
  • TENORE M., 1832年 - Memoria sulle peregrinazioni botaniche effettuate nella provincia di Napoli nella primavera del 1825 dal Cavaliere Michele Tenore colle indicazioni di alcune piante da aggiungersi alla Flora Napolitana e la descrizione di una specie di Ononis. Atti R. Accad. Scienze Cl. Fis. e St. Nat., 3: 49-88.
  • TENORE M., 1843年 - Rapporto intorno alle peregrinazioni de' soci ordinari M. Tenore e G. Gussone eseguite in Luglio 1834. Atti R. Accad. Scienze 5(1): 283-290. Napoli 1843 (in collab. con G. Gussone).
  • TENORE M., 1843年 - Osservazioni botaniche raccolte in un viaggio eseguito per diversi luoghi della provincia di Terra di Lavoro e di Abruzzo nell'esta del 1834 dai soci Tenore e Gussone. Ibid.: 291-334, 1 tav. Napoli 1843 (In collab. con G. Gussone).
  • TENORE M., 1846年 - Osservazioni intorno all'Erbario Centrale di Firenze (23 settembre 1845). p. 852. Napoli 1846.
  • TENORE M., 1856年 - Una gita all'Isola d'Ischia. Lettera al Sig. N. N. Giornale "L'Iride" 1, n. 20 (estr. pp. 6) Napoli, Tip. Gazzette de' Tribunali ( 14x21.5).

関連項目編集

外部リンク編集