ミッキーのガリバー旅行記

ミッキーのガリバー旅行記』(原題:Gulliver Mickey)は1934年制作のアニメーション短編映画ミッキーマウスの短編映画シリーズの一作品である。

ミッキーのガリバー旅行記
Gulliver Mickey
監督 バート・ジレット
原作 ジョナサン・スウィフト
製作 ウォルト・ディズニー
ロイ・O・ディズニー
出演者 ウォルト・ディズニー
音楽 フランク・チャーチル
製作会社 ウォルト・ディズニー・プロダクション
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1934年5月19日
上映時間 9分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

あらすじ編集

ガリバー旅行記』という本を読んでいたミッキー。そこへ孤児の子供たちが船乗りごっこで遊んでいるのを見かけると、驚かせてやろうとカーペットの中に潜り込みまるで波のようになって船を走らせる。しかし帽子を被った子供がナイフを投げたためにその刺された痛さで飛び上がった拍子に船は転覆し、子供たちは泣き出してしまう。そんな子供たちにミッキーは、ステンドグラスやブラインドなどを使いながらお話を聞かせてあげることに。

嵐の夜、海に流されるミッキーはどこかもわからない浜辺へとたどり着く。星空の夜の下、砂浜の上で眠りにつくミッキー。朝が来て目が覚めると小さな小人のような住人たちにロープで縛られていた。この島は小さな小人たちが住む島だったのだ。目を覚ましたミッキーに住人たちはパニックになり、将軍と大砲を構えた軍隊が登場。ミッキーは書状を読もうとする将軍を手のひらに乗せて散々おちょくり、怒った将軍は部下たちにミッキーを攻撃するように命令し砲撃。それからも城から砲撃したり、矢を放つ騎兵隊や砲台を放つ船で攻撃を仕掛けるも、自分たちよりも巨大なミッキーにはあまり通用しておらず、逆に小人たちに興味津々のミッキーは小さな大砲をボーリングのように転がしたり、船には手で波を起こすなどして遊び始める。

そんなやり取りを繰り返しているうちに、ミッキーと同じサイズの巨大な蜘蛛が町に現れる。笑いながら町を破壊していく蜘蛛にミッキーは戦いを挑んでいく。ミッキーを嘲笑いながら8本の手でパンチを繰り出す蜘蛛だが、やがてミッキーが猛反撃を開始し、蜘蛛をぶちのめしていく。

そんなお話を、クッションを殴りつけながら実演しているミッキーに大盛り上がりの子供たち。そこへ帽子を被った子供がいたずらで糸に付いた蜘蛛のおもちゃを垂らすと、話に無我夢中になっていたミッキーは驚いて思わず天井まで飛び上がり、シャンデリアに激突し落下。子供たちが大笑いする中、蜘蛛のおもちゃだと気づいたミッキーは笑顔を見せるのであった。

公開データ編集

公開日
上映時間
1934年(昭和9年) 5月19日 アメリカ合衆国 9分
サイズ モノクロ スタンダード

声の出演編集

キャラクター 原語版 旧吹き替え版 新吹き替え版
ミッキーマウス ウォルト・ディズニー 後藤真寿美 青柳隆志

スタッフ編集

製作 ウォルト・ディズニーロイ・O・ディズニー
原作 ジョナサン・スウィフト
音楽 フランク・チャーチル
原画 アート・バビット
監督 バート・ジレット
制作 ウォルト・ディズニー・プロダクション

映像ソフト化編集

出典・参考文献編集

  • デイヴ・スミス『Disney A to Z/The Official Encyclopedia オフィシャル百科事典』ぴあ、2008年。ISBN 483561691X

外部リンク編集

関連項目編集