ミッション・バラバ

ミッション・バラバ(Mission Barabbas)は元暴力団組員らの牧師らを中心に結成された日本の伝道団体である。

活動編集

1993年(平成5年)の暮れにキャンパス・クルセード・フォー・クライスト宣教師アーサー・ホーランドの呼びかけにより、元暴力団組員7人と牧師2人の9名で「ヤクザ・フェローシップ」という聖書研究会を結成する。しばらくして、新約聖書バラバにちなんで「ミッション・バラバ」と改称し、伝道団体として活動を始める。[1]

1994年(平成6年)には北米に伝道旅行に行く。ワシントン州シアトルカナダバンクーバー、11月18日にはサンタバーバラ、11月26日にはロサンジェルスリトル東京の日系人教会などで講演を行う。これらは、アメリカ合衆国の日系アメリカ人の新聞『オクデール・リーダー』『羅府新報』などで取り上げられ、時事通信共同通信を通じて、毎日新聞報知新聞日刊スポーツ中日新聞などで報道される。[2]

2000年(平成12年)には映画親分はイエス様』(渡瀬恒彦主演)のモデルになる。

2007年より、日本伝道隊の宣教師ヒュー・ブラウンが相談役を務める。

メンバー編集

脚注編集

  1. ^ ホーランド(1996年)p.110-112
  2. ^ ホーランド(1996年)p.115-120

参考文献編集

  • アーサー・ホーランド「親分はイエス様」(神と出会ったミッション・バラバの物語)、PHP研究所、1996年
  • 鈴木啓之「愛されて、許されて」雷韻出版、2000年
  • 金沢泰裕「イレズミ牧師とツッパリ少年達」集英社、2000年

関連項目編集

外部リンク編集