ミッドパシフィックエア

ミッドパシフィックエア(Mid Pacific Air)は、かつて存在したアメリカ合衆国の航空会社である。

ミッドパシフィックエア
Mid Pacific Air
IATA
HO
ICAO
MPA
コールサイン
Midpac
設立 1981年
ハブ空港 ホノルル国際空港
焦点空港 ホノルル、コナ
マイレージサービス なし
本拠地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル市
インディアナ州ラファイエット
テンプレートを表示

ハワイ州ホノルル市を拠点にアメリカ合衆国内での航路を運行していたが、1995年をもって廃業した。

概要編集

運航開始編集

1981年に運行を開始し、ホノルル国際空港ハブ空港として、ハワイ島マウイ島等のハワイ州内に多くの路線を持っていた。特に、ホノルルとハワイ諸島の主要都市間で日本航空機製造YS-11型機を用いた多頻度のシャトル便運航を行っていた。その後フォッカー F28を導入するなど機材更新を進めた。

 
ミッド・パシフィック・アローのボーイング707

また、アロー航空から乗務員込みでリースしたボーイング707型機を使い「ミッドパシフィック・アロー」のブランド名で、ハワイとパゴパゴ国際空港や、アメリカ合衆国本土西海岸バーバンク空港やジョン・ウェイン空港等との間でも広範囲に定期便サービスを展開していた。

ハワイ撤収編集

いずれの路線にしても格安運賃が売りであったが、最大の競争相手であるハワイアン航空アロハ航空との競争激化を受けて、1988年にハワイを拠点とした運航を停止し、インディアナ州ラファイエットに拠点を移し、貨物便の運行や他社便運航などを行っていたが、1995年に運航を停止した。

運航していた機材編集

 
F28-4000
 
YS-11A-659

脚注編集

[脚注の使い方]