ミツバカズラ属

ブドウ科の属

ミツバカズラ属(学名 : Tetrastigma)は、ブドウ科つる植物である。葉は、掌状複葉である。ミツバカズラ属の植物は主に亜熱帯および熱帯地域であるアジアマレーシアオーストラリア熱帯雨林拠水林英語版季節風林英語版、湿気の多い森林で見られる。この植物は寄生植物であるラフレシア科(世界最大の花を咲かせるラフレシア(Rafflesia arnoldii)を含む)の唯一の宿主として有名である[1]

ミツバカズラ属
Starr 000530-1267 Tetrastigma pubinerve.jpg
Tetrastigma pubinerve
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
: ブドウ目 Vitales
: ブドウ科 Vitaceae
: ミツバカズラ属 Tetrastigma
学名
Tetrastigma (Miq.) Planch.1887
タイプ種
Tetrastigma lanceolarium (Roxb.) Planch.

本文参照

ブドウ科の中で、ミツバカズラ属はヤブガラシ属英語版キフォステンマ属英語版に最も密接に関連する仲間である.[2]

主な種編集

リストの出典 : [3][4]

脚注編集

  1. ^ Forest Department, Sarawak[リンク切れ]
  2. ^ Soejima, A.; Wen, J. (2006). “Phylogenetic analysis of the grape family (Vitaceae) based on three chloroplast markers”. American Journal of Botany 93 (2): 278–87. doi:10.3732/ajb.93.2.278. PMID 21646189 
  3. ^ GRIN. “Species in GRIN for genus Tetrastigma”. Taxonomy for Plants. National Germplasm Resources Laboratory, Beltsville, Maryland: USDA, ARS, National Genetic Resources Program. 2011年6月18日閲覧。
  4. ^  Name - Tetrastigma nitens (F.Muell.) Planch.”. Tropicos. Saint Louis, Missouri: Missouri Botanical Garden. 2011年6月18日閲覧。