ムハンマド・イブン・イドリース

ムハンマド・イブン・イドリース(? - 836年)は、モロッコを支配したイドリース朝の第3代君主(在位:828年 - 836年)。

ムハンマド・イブン・イドリース
イドリース朝第3代君主
在位 828年 - 836年

死去 836年
子女 アリー1世
ヤフヤー1世
王朝 イドリース朝
父親 イドリース2世
テンプレートを表示

生涯編集

父は第2代のイドリース2世で、弟にムハンマドとウマル、カーシムらがいる。828年に父が死去すると跡を継いだ。だが父ほどの才智が無いためにベルベル人の支持を得られず、領土を弟らに分与したため、王朝の衰退を招いた。

836年に死去し、跡を子のアリー・イブン・イドリースが継いだ。その跡を継いだヤフヤー・イブン・ムハンマドも彼の息子である。

参考文献編集

先代:
イドリース2世
イドリース朝
828年 - 836年
次代:
アリー・イブン・イドリース