ムブンダ王国 (ムブンダ語: Chuundi ca Mbundaまたは Vumwene vwa Mbundaポルトガル語: Reino dos Bundas) は、アフリカ大陸中央部の西方、アンゴラ南東部に位置した国。モシコ中央部の ミティモイから南東部のクアンド・クバンゴ州に広がる領域を持っており、境界はナミビアにまで達した。王国は王を意味するムウェネ・ワ・ンゴマ (Mwene wa Ngoma) に統治されていた。

ムブンダ王国
O Reino Mbunda  (ポルトガル語)
独立した王国(1700–1914)
1700–1914
首都 決まっていない
言語 ムブンダ語
ポルトガル語
宗教 キリスト教と伝統宗教
政府 君主制
歴史
 •  創立 1700年
 •  コロンゴンゴ戦争 1914年
通貨 蜜蝋象牙ゴムを銃や布の素材と取引した

王国は最終的に1914年、コロンゴンゴ戦争でポルトガルに征服された[1]

出典編集

  1. ^ Association, Cheke Cultural Writers (1994). “Chapter 14: The Kolongongo War Against the Portuguese” (英語). The history and cultural life of the Mbunda speaking peoples. The Association. ISBN 9789982030069. https://books.google.com/books?id=gUgwAQAAIAAJ 

関連項目編集