Mary Lamb Portrait.jpg

メアリー・ラムMary Lamb, 1764年12月3日 - 1847年5月20日)は、イギリス作家である。作家であるチャールズ・ラムの実姉[1]。精神の病を患い、1796年9月22日に狂気の発作を起こしてお針子に襲い掛かり、それを制止しようとした母親を殺害した。その後、弟の手配でイズリントンの病院に入院する[2]。一生を通じて弟に世話をされながら暮らし、1807年1月末に姉弟で『シェイクスピア物語』を発表する。ウィリアム・ワーズワースの妹であるドロシー・ワーズワースとも手紙のやり取りをしていた。

脚注編集

  1. ^ 石原孝哉・内田武彦・市川仁『イギリス文学の旅―作家の故郷をたずねて・イングランド南部篇』(丸善、1995年)p.22 ISBN 978-4-621-06038-4
  2. ^ 福原麟太郎『チャールズ・ラム傳』(福武書店、1982年)p.48