メガペンテース古希: Μεγαπένθης, Megapenthēs)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してメガペンテスとも表記される。主に、

が知られている。以下に説明する。

プロイトスの子編集

このメガペンテースは、ティーリュンス王プロイトスの子で、リューシッペーイーピノエーイーピアナッサと兄弟[1]アナクサゴラース、イーピアネイラの2人の子供がいたとも[2][3]アルゲイオスの父で、アナクサゴラースの祖父であるともいわれる[4]

メガペンテースは姉妹が狂気し、メラムプースに治療された後に生まれた[1]。後にペルセウスが誤って祖父であるアルゴスアクリシオスを殺してしまったとき、ペルセウスに説得されてティーリュンスとアルゴスを交換し、アルゴスの王となった[5][6]。一説にメガペンテースは父プロイトスがペルセウスに殺されたため、ペルセウスを殺したとも、メガペンテースは祖父アバースによって殺されたともいう[7]

系図編集

リビュエー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ベーロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイギュプトス
 
ダナオス
 
 
 
 
 
ケーペウス
 
ピーネウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リュンケウス
 
ヒュペルムネーストラー
 
アミューモーネー
 
アンドロメダー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アバース
 
ナウプリオス
 
 
 
 
 
 
 
 
イオバテース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アクリシオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロイトス
 
ステネボイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダナエー
 
ゼウス
 
 
メラムプース
 
イーピアナッサ
 
ビアース
 
リューシッペー
 
イーピノエー
 
メガペンテース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペルセウス
 
 
アバース
 
マンティオス
 
アンティパテース
 
アナクシビアー
 
ペリアース
 
 
 
アルゲイオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アナクサゴラース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルカイオス
 
エーレクトリュオーン
 
ステネロス
 
ヘレイオス
 
メーストール
 
ゴルゴポネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アレクトール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イーピス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エテオクロス
 
エウアドネー
 
カパネウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ステネロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キュララベース
 
コメーテース
 
 


先代:
ペルセウス
アルゴス王(神話時代)
次代:
アルゲイオス

メネラーオスの子編集

このメガペンテースは、スパルタ王メネラーオスと奴隷女[8]テーレーイスの子[9]。メガペンテースは奴隷女の子だったので、オレステースより王位継承権が低かった[10]。しかし一説によるとメネラーオスが死んだときオレステースは放浪の身であったため、メガペンテースは同じくメネラーオスと奴隷女の子だったニーコストラトスとともにヘレネーを追放した。ヘレネーはロドス島に身を寄せたが、トレーポレモスの妻ポリュクソーに殺されたという[11]。なおテーレマコスがスパルタにやって来たとき、メガペンテースにも会った[12]

脚注編集

  1. ^ a b アポロドーロス、2巻2・2。
  2. ^ シケリアのディオドロス、4巻68・4。
  3. ^ シケリアのディオドロス、4巻68・5。
  4. ^ パウサニアス、2巻18・4。
  5. ^ アポロドーロス、2巻4・4。
  6. ^ パウサニアス、2巻16・3。
  7. ^ ヒュギーヌス、244話。
  8. ^ オデュッセイア』4巻11。
  9. ^ アクーシラーオス(アポロドーロスによる引用、3巻11・1)。
  10. ^ パウサニアス、2巻18・6。
  11. ^ パウサニアス、3巻19・9-19・10。
  12. ^ 『オデュッセイア』15巻。

参考文献編集