メインメニューを開く
6色のメガミンクス
左からKilominx, Megaminx, Master Kilominx, Gigaminx, Elite Kilominx, Teraminx。更にもう一列拡張したPetaminxというのも販売されている

メガミンクス(Megaminx)はウヴェ・メファート(Uwe Meffert)によって発明されたルービックキューブに似ている正十二面体パズルである。

ルービックキューブでは20個だった再配列移動可能なピースは50個に増えている。

すべての面を違う色にした12色版と向かい合った面を同じ色にした6色版がある。

歴史編集

メガミンクスは数人の人々によって同時に発明され、わずかに意匠相違を持った異なるいくつかのメーカーによって製造された。メファートは特許のうちのいくつかの権利を買い、メガミンクスの名前で彼のパズルショップの「Meffert's」で売り続けている。

組み合わせの数編集

12色版のメガミンクスは 1.0×1068、6色版のメガミンクスは 6.1×1063 の組み合わせの数を持っている。

公式記録編集

関連編集

外部リンク編集