メヒティルト・フォン・ブランデンブルク

メヒティルト・フォン・ブランデンブルクドイツ語:Mechthild von Brandenburg, 1270年ごろ[1] - 1298年6月1日以前)またはマティルデ・フォン・ブランデンブルクドイツ語:Mathilde von Brandenburg)は、ポーランド大公ヘンリク4世の妃。ポーランド語名はマティルダ・ブランデンブルスカポーランド語:Matylda brandenburska)。ブランデンブルク辺境伯オットー5世とヘンネベルク伯ヘルマン1世の娘でコーブルクおよびシュマルカルデンの女子相続人であったユーディトの次女[2]

メヒティルト・フォン・ブランデンブルク
Mechthild von Brandenburg
ポーランド大公
在位 1288年 - 1290年

出生 1270年ごろ
死去 1298年6月1日以前
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
borxer ブランデンブルク辺境伯領
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
borxer ブランデンブルク辺境伯領、レーニン修道院
配偶者 ヘンリク4世
家名 アスカーニエン家
父親 ブランデンブルク辺境伯オットー5世
母親 ユーディト・フォン・ヘンネベルク=コーブルク
テンプレートを表示
メヒティルト・フォン・ブランデンブルク

生涯 編集

家族 編集

メヒティルトには3人の兄弟と3人の姉妹がいた。兄弟のうちアルブレヒトとオットーは早世し、長兄のヘルマンが父の領地を単独で継承した。メヒティルトの姉ベアトリクスは1284年にシフィドニツァ公ボルコ1世スロヴィと結婚した。妹クニグンデは未婚のまま死去し、ユーディトは1303年にザクセン=ヴィッテンベルクルドルフ1世と結婚した。

メヒティルトの姉がシレジア=ピャスト家に嫁いだことは、おそらくメヒティルトの将来の結婚式に役立ったと考えられる。

結婚 編集

1287/88年以前に[3]、メヒティルトはヴロツワフ公・ポーランド大公ヘンリク4世プロブスの2番目の妃となった。ヘンリク4世はオポーレラチブシュヴワディスワフの娘コンスタンツィアと最初に結婚したが、死別[4]もしくは離婚し追放していた[5][6]。一部の文献によると、ヘンリク4世はメヒティルトと不倫関係にあり、メヒティルトと結婚するためにコンスタンツィアを離婚したという[7]

2人は血縁関係にあったため、教皇の特免状が必要であったが、結婚式のすぐ後に与えられたとみられる。2人の間に子供は生まれなかった。

1290年6月23日、ヘンリク4世は突然死去した。毒殺であったとみられる。その後まもなくメヒティルトはブランデンブルクに戻り、同地で1298年6月1日より前に死去し、シトー会のレーニン修道院に埋葬された。

脚注 編集

  1. ^ Jasinski 2007a, p. 162, note. 17.
  2. ^ BRANDENBURG, PRUSSIA”. Foundation for Medieval Genealogy. 2023年5月13日閲覧。
  3. ^ Jasinski 2007a, p. 160.
  4. ^ Jasiński 2007b, pp. 542–543, note 3.
  5. ^ Grodecki 1933, pp. 293–294.
  6. ^ Jasiński 2007b, pp. 524–526.
  7. ^ Maleczyńska 1966, p. 79.

参考文献 編集

  • Jasinski, K. (2007a). Rodowód Piastów śląskich. part I (2nd ed.). Kraków. pp. 160-162 
  • Jasinski, K. (2007b). Rodowód Piastów śląskich. part III (2nd ed.). Kraków. pp. 542-543, note 3 
  • Grodecki, R. (1933). “Dzieje polityczne Śląska do r. 1290”. In S. Kutrzeba. Historia Śląska od najdawniejszych czasów do roku 1400. vol. I. Kraków. pp. 293-294 
  • Maleczyńska, Ewa (1966). Wrocławskie panie piastowskie i ich partnerzy. Wrocław. p. 79 
  • Spórna, M.; Wierzbicki, P. (2003). Słownik władców Polski i pretendentów do tronu polskiego. Kraków. pp. 335-336