メリエスの素晴らしき映画魔術

メリエスの素晴らしき映画魔術』(メリエスのすばらしきえいがまじゅつ、Le voyage extraordinaire)は2011年フランスドキュメンタリー映画。世界初の職業映画監督と言われるジョルジュ・メリエス監督の偉業を、様々な映画人へのインタビューを通じて紹介するとともに、彼の代表作の1つで世界初のSF映画とされる1902年のモノクロ・サイレント映画月世界旅行』のカラー版(着色版)を最新デジタル技術で復元する過程についても紹介する[1]

メリエスの素晴らしき映画魔術
Le voyage extraordinaire
監督 セルジュ・ブロンベルグフランス語版
エリック・ランジュ
脚本 セルジュ・ブロンベルグ
エリック・ランジュ
音楽 ブルーノ・アレクシウ
撮影 ジャン=ルイ・ソンズニー
編集 ジャニス・ジョーンズ
製作会社 フランス3
Lobster Films
配給 フランスの旗 MK2 Diffusion
日本の旗 エスパース・サロウ
公開 フランスの旗 2011年12月8日
日本の旗 2012年8月25日
上映時間 63分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
英語
テンプレートを表示

出演者編集

参考文献編集

  1. ^ メリエスの素晴らしき映画魔術”. WOWOW. 2013年2月24日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集