メインメニューを開く

ミントー伯爵英語: Earl of Minto)は、イギリス伯爵位。連合王国貴族爵位。

ミントー伯爵
Earl of Minto
Arms of the Earl of Minto

紋章記述

Arms: Quarterly:1st & 4th, counterquartered, I & IV, Argent a Hunting Horn Sable, stringed Gules, in the dexter chief point a Crescent Gules, on a Chief wavy Azure, three Mullets Argent (Murray of Melgund); II & III, Azure, a Chevron Argent, between three Fleurs-de-lis Or (Kynynmound of that Ilk); 2nd & 3rd, Gules, on a Bend engrailed Or, a Baton Azure, within a Bordure Vair (Elliot of Minto); overall a Chief Argent, charged with a Moor’s Head couped in profile proper (augmentation, being the arms of Corsica). Crest: A dexter Arm embowed, issuant from Clouds, throwing a Dart, all proper. Supporters: Dexter: An Indian Sheep proper; Sinister: A Fawn proper.

創設時期 1813年2月24日
創設者 摂政ジョージ(国王ジョージ3世名代)
貴族 連合王国貴族
初代 ギルバート・エリオット=マーレイ=キニンマウンド
現所有者 ティモシー・エリオット=マーレイ=キニンマウンド英語版(7代伯)
相続人 メルガンド子爵ギルバート・エリオット=マーレイ=キニンマウンド
相続資格 初代伯爵の直系嫡出の男系男子
付随称号 メルガンド子爵
ミントー男爵
(ヘッドショーの)準男爵

ベンガル総督(インド総督)を務めた初代ミントー男爵ギルバート・エリオット=マーレイ=キニンマウンド1813年に叙されたのに始まる。

目次

歴史編集

前身のエリオット準男爵位は、1700年4月19日ギルバート・エリオット(1650頃–1718)が叙されたのに始まる[1]

その曾孫である第4代準男爵サー・ギルバート・エリオット庶民院議員の活動を経て1797年10月20日グレートブリテン貴族カウンティ・オヴ・ロックスバラにおけるミントーのミントー男爵」(Baron Minto, of Minto in the County of Roxburgh)に叙せられた[2][3]。その後1806年のグレンヴィル内閣でインド庁長官として入閣し、これがきっかけで1807年7月からベンガル総督(インド総督)に就任した[4]ナポレオン戦争の中でオランダ植民地ジャワへ侵攻した総督として知られる[5]。退任後の1813年2月24日に連合王国貴族カウンティ・オヴ・フォーファーにおけるメルガンドのメルガンド子爵」(Viscount Melgund, of Melgund in the County of Forfar)および連合王国貴族「カウンティ・オヴ・ロックスバラにおけるミントーのミントー伯爵」(Earl of Minto, of Minto in the County of Roxburgh)に叙される[6][3]。また彼は母の姓を加えて「エリオット=マーレイ=キニンマウンド」と改姓している[3]

その息子である第2代ミントー伯爵ギルバート(1782–1859)もホイッグ党政権下で海軍大臣(在職1835年-1841年)や王璽尚書(在職1846年-1852年)を歴任した[7]

その孫である第4代ミントー伯爵ギルバート・ジョン(1845–1914)カナダ総督(在職1898年-1904年)やインド総督(在職1905年-1910年)を務めた[8]

現在の当主はその曾孫である第7代ミントー伯ギルバート・ティモシー・ジョージ・ローリストン英語版(1953-)である[9]

ミントーのエリオット準男爵 (1700年)編集

ミントー男爵 (1797年)編集

ミントー伯 (1813年)編集

参考文献編集

  • 浜渦哲雄『大英帝国インド総督列伝 イギリスはいかにインドを統治したか』中央公論新社、1999年(平成11年)。ISBN 978-4120029370

出典編集

  1. ^ Lundy, Darryl. “Sir Gilbert Elliot of Headshaw, 1st Bt.” (英語). thepeerage.com. 2015年6月13日閲覧。
  2. ^ The London Gazette: no. 14052. p. 968. 1797年10月7日。2013年11月23日閲覧。
  3. ^ a b c Lundy, Darryl. “Gilbert Elliot-Murray-Kynynmound, 1st Earl of Minto” (英語). thepeerage.com. 2015年6月13日閲覧。
  4. ^ 浜渦哲雄 1999, p. 76.
  5. ^ 浜渦哲雄 1999, p. 78.
  6. ^ The London Gazette: no. 16700. p. 251. 1813年2月2日。2013年11月23日閲覧。
  7. ^ Lundy, Darryl. “Gilbert Elliot-Murray-Kynynmound, 2nd Earl of Minto” (英語). thepeerage.com. 2015年6月13日閲覧。
  8. ^ 浜渦哲雄 1999, p. 160-162.
  9. ^ Lundy, Darryl. “Gilbert Timothy George Lariston Elliot-Murray-Kynynmound, 7th Earl of Minto1” (英語). thepeerage.com. 2015年6月13日閲覧。