ガデイラのモデラトス[1]またはガデスのモデラトゥス古希: Μοδερᾶτος : Moderatus 1世紀[2])は、ローマ帝国期のガデイラ(ガデス、現スペインカディス)出身の哲学者新ピタゴラス派に属するが、中期プラトン主義者の側面もあった[3][4]。著作は現存せず、学説が断片的に伝わる。

プルタルコス『食卓歓談集』など様々な文献で、ピタゴラス派(新ピタゴラス派)の人物として言及される[4]

ポルピュリオス『ピタゴラス伝』によれば、ピタゴラス派の数の研究をまとめた11巻本を作った[2]

シンプリキオスの『アリストテレス自然学注解』では、新プラトン主義者の「一者」に似た思想を、プラトンパルメニデス』でなくピタゴラス派に従って説いた、という旨が報告される[2][4]。この報告については、現代の哲学史家の間でも諸解釈ある[2][4]

脚注編集

  1. ^ ファーガソン 2011, p. 254.
  2. ^ a b c d 左近司 2003, p. 197ff.
  3. ^ 左近司 2003, p. 202.
  4. ^ a b c d チェントローネ 2000, p. 227-235.

参考文献編集

  • チェントローネ, ブルーノ 著、斎藤憲 訳 『ピュタゴラス派 その生と哲学』岩波書店、2000年。ISBN 9784000019231 
  • ファーガソン, キティ 著、柴田裕之 訳 『ピュタゴラスの音楽』白水社、2011年。ISBN 9784560081631 
  • 左近司祥子 『謎の哲学者 ピュタゴラス』講談社〈講談社選書メチエ〉、2003年。ISBN 9784062582803