モノフォニー (Monophony) とは、音楽において、例えばグレゴリオ聖歌に見られるように、1声部しかないテクスチュアのことである。演奏家や歌手の人数に関係なく、単一の旋律だけが続いている限り、そのような部分や全体のことを「モノフォニー」と呼ぶ。このため、器楽歌手が同じ旋律を重ねていてもモノフォニーと呼ばれる。

最も根本的な作曲技法であり、しばしば民族音楽では重要な創作原理となっている。キリスト教単旋律聖歌の他に、仏教などの宗教音楽でも、古い時代のものはモノフォニーによるものが多い(例えば声明など)。

もっとも、モノフォニーがより素朴であり、ポリフォニーがより発達的であるとは、かならずしもいえない。たとえば、西方教会のモノフォニックなグレゴリオ聖歌にたいし、東方教会のビザンティン聖歌やグルジアの教会音楽、あるいはピグミーや台湾、オセアニアの音楽はポリフォニックな伝統をもつ。つまり、ポリフォニーは自然な現象であり、むしろグレゴリオ聖歌などのモノフォニーは、宗教的な目的などのもとに発達した独自の様式として、積極的な意味をもつとも考えられる[1]

出典編集

  1. ^ 田村 2000, pp. 11-14.

参考文献編集

  • 田村和紀夫 『アナリーゼで解き明かす 名曲が語る音楽史~グレゴリオ聖歌からボブ・ディランまで~』 音楽之友社、2000年。ISBN 4276110122 
  • Ardis Butterfield (1997). "Monophonic song: questions of category", Companion to Medieval & Renaissance Music. Oxford University Press. ISBN 0198165404.
  • DeLone et. al. (Eds.) (1975). Aspects of Twentieth-Century Music. Englewood Cliffs, New Jersey: Prentice-Hall. ISBN 0130493465.

関連項目編集