モヘンジョダロ

モヘンジョ・ダロから転送)

モエンジョ=ダーロウルドゥー語موئن جو دڑوシンド語موئن جو دڙو英語: Moenjodaro, Mohenjo-daro)は、インダス文明最大級の都市遺跡。モヘンジョダロ、モエンジョダロ、モエンジョダーロ、モヘンジョ・ダーロ、モヘンジョ・ダローなどの表記がある。

世界遺産 モヘンジョダロの
考古遺跡
パキスタン
“大浴場”こと沐浴施設。 後方にクシャーナ朝時代の仏塔を臨む。
“大浴場”こと沐浴施設。
後方にクシャーナ朝時代の仏塔を臨む。
英名 Archaeological Ruins at Moenjodaro
仏名 Ruines archéologiques de Mohenjo Daro
登録区分 文化遺産
登録基準 (2) (3)
登録年 1980年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
モヘンジョダロの位置
使用方法表示
神官王」と呼ばれる胸像
ソープストーンen)製、高さ17.5cm
踊り子の塑像
地図

紀元前2500年から紀元前1800年にかけ繁栄し、最大で4万人近くが居住していたと推測されその後は短期間で衰退した。原因としてさまざまな説があげられたが、近年の研究では大規模な洪水で衰退したと考えられている。

呼称編集

モヘンジョ=ダーロは現地の言葉で「死の丘」を意味し、歴史学者が足を踏み入れるまでは、非常に古い時代の死者が眠る墳丘として、地元民は恐れて近よらない禁忌の領域であった。この都市の本来の呼び名、すなわち往時の名称については、インダス文字が解読されていないため[1]、ヒントすら得られていない。

都市の特徴編集

遺跡は東西2つの遺丘からなる。東方に市街地が、西方に城塞[2]が広がっている。規模としてはほぼ1.6キロメートル四方と推定されるが、今後の調査によってさらに大きなものに訂正される可能性がある。遺跡は整然とした都市計画を示し、道路は直角に交差し、碁盤の目のように細分されていた[3]。水道、汚水の排水システム[4]、個人用の浴室、公衆浴場などがすでに存在しており、水量の季節的変動を考慮して貯水池を十分に整備するまでに水利工学はおおきく進歩していた。また、建築には一定のサイズの煉瓦が使用されていた。以上のことは、この地に確固たる社会構造、強力な階級制度中央集権制度が存在していたことを意味する。

東丘の市街地編集

市街地は、東西2本、南北3本の幅10メートルの大路によって12区間に分かたれていたらしい。一つ一つの区間は、大通りに通ずる1.5~3メートルほどの小路でさらに分けられていた。市街地全体を囲むような市壁があったかどうかは不明である。ここでは、一般の家屋から隊商宿といわれる建物、労働者用の粗末な小屋など、さまざまな建物が見つかっている[5]。家屋は大小さまざまだが、中庭を中心にしそれを囲んでいくつかの部屋を持つように作られ、出入口を大路側には置かず、小路に面して戸口を開くスタイルが一般的だった。各戸は下水道を備え[4]、汚水は小路の排水溝へ通じ、さらに大路の排水溝へ集められる仕組みになっていた。

西丘の城塞編集

モエンジョ=ダーロの「城塞」[注釈 1]は、ハラッパーの場合と同様、堅固な城壁をめぐらし、その内側に煉瓦を10メートルほど積み上げた基壇を設け、東丘を見下ろすように人工的に一段高くつくられている。基壇の上には、「問学所」と呼ばれる建物や、会議場あるいは列柱広間と呼ばれる30メートル四方の建物など、おそらくは市制を司ったであろう公共的な[要出典]建造物が建ち並んでいる。

ほぼ中央には長辺12メートル、短辺7メートル、深さ2.4メートルの、内面を瀝青で耐水加工した焼成煉瓦造りの大浴場[6]が存在し、これに接するように、長辺45メートル、短辺27.5メートルの範囲内に27ほどの穀物倉[7]の基壇群が存在する。当初は、この構造は煉瓦造りの基壇の上に木造の建物が載っていたと推測された。しかし穀物倉と呼ばれる建物は湿気のある大浴場に近く、木製の建物の痕跡もなく、穀物を運び入れるスペースがなく、穀物の形跡も発見されていないため、現在では他の用途に使われたと考えられている[8]

大浴場はある種の祭儀の場であろう、と考えられていたが、近年ではさらに、この大浴場と穀物倉との位置関係が改めて注目されている。この二つが結びつくことで、再生・増殖の象徴として機能していたのではないか、という指摘がなされている。城塞は、政治センターとしての役割ばかりではなく、宗教センターの役割も果たしていたようである[要出典]

農業編集

このインダス河流域の都市社会では、農業が重要な役割を果たしていた。人々は小麦を栽培し家畜牛を飼育して[9]生計を立てていた。広い道路や傾斜路が整備されていたので、収穫物を載せた荷車が容易に往来できた。輸送手段とともに食物の保存技術も発達した。

遺跡を巡る現代史編集

文明遺跡としての発見は、1922年インド考古調査局員であった歴史学者R・D・ボンドパッダーエ(: Rakhaldas Das Bandyopadhyayベンガル語: রাখালদাস বন্দোপাধ্যায়[注釈 2])の発掘調査によってなされた[10]

1980年パキスタンの申請で「英語名:Archaeological Ruins at Moenjodaro和訳名:モエンジョダーロの考古遺跡)」の名でユネスコ世界遺産文化遺産に登録された。

遺跡が属する地域一帯では地下水の上昇による塩害が進行し続けているが[11]、モヘンジョ=ダロはこれを覆い隠してきた堆積物が大規模に取り払われた1965年以降、遺構の構成物である煉瓦が塩分を吸い上げて風化してゆく塩分砕屑現象が止まらない。そうして土に還ってしまった遺構も少なくはなく、保存の問題が何十年も叫ばれ続けている。

ユネスコ世界遺産編集

登録基準編集

この世界遺産は世界遺産登録基準のうち、以下の条件を満たし、登録された(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 城塞並みに重厚な建造物であることからそのように呼ばれているが、城塞とは異なり、戦争用の遺物は見られない。
  2. ^ 異名:R・バネルジ Rakhaldas Banerji、R・バナージ Rakhaldas Banerjee

出典編集

  1. ^ 長田 2013, 0児玉望「インダス文明に文字文化はあったのか」.
  2. ^ フレッチャーほか 2012, p. 103, 「モヘンジョ・ダロ城塞」.
  3. ^ 長田 2013, 0寺村裕史、宇野隆夫「発掘とGIS分析でインダス文明都市を探る」.
  4. ^ a b 伊藤 2016, 0タイムマシン(ローマ水道 世界一古い水道;江戸の水道 100万人都市の水道;モヘンジョダロの下水道 4000年前の下水道.
  5. ^ フレッチャーほか 2012, pp. p104, 830, 「モヘンジョ・ダロ住居」.
  6. ^ フレッチャーほか 2012, p. 105, 「モヘンジョ・ダロ大浴場」.
  7. ^ フレッチャーほか 2012, p. 105, 「モヘンジョ・ダロ穀物倉庫」.
  8. ^ 長田 2013, pp. 405-, 「新しいインダス文明像を求めて」.
  9. ^ 長田 2013, 大島智靖「コブウシ考」、西村直子「牛を伴侶とした人々」.
  10. ^ Early excavations at Mohenjo-daro” (英語). 2010年1月17日閲覧。
  11. ^ 長田 2013, 0スティーヴン・A・ウェーバー三浦励一「インダス文明の衰退と農耕の役割」.

参考文献編集

本文の出典。主な執筆者の姓の昇順。

  • 伊藤毅(監修)「タイムマシン(ローマ水道 世界一古い水道;江戸の水道 100万人都市の水道;モヘンジョダロの下水道 4000年前の下水道」『水のインフラ』ほるぷ出版〈日本のインフラ : 県別データでよくわかる:1〉、2016年。NCID BB23174806ISBN 9784593587452
  • 木村重信『失われた文明を求めて』KBI出版、1994年、50頁。全国書誌番号:94062233ISBN 4-906368-21-2
  • 『古代文明と遺跡の謎・総解説:失われた偉大な過去への知的探究の旅』自由国民社、1993年、改訂版、160-162頁。全国書誌番号:94021583ISBN 4-426-64005-9
  • アンリ・スティルラン『世界の古代遺跡』森山隆訳、創元社〈空から見る驚異の歴史シリーズ〉、2006年。ISBN 9784422239811。原書:Stierlin, Henri, 1928-Notre histoire lue du ciel, monuments de l'antiquite』。
  • 長田俊樹(編著)『インダス Indus : 南アジア基層世界を探る』京都大学学術出版会〈環境人間学と地域〉、2013年。全国書誌番号:22322727ISBN 978-4-87698-300-1
  • 前杢英明、長友恒人「消えた大河とインダス文明の謎」
  • 遠藤仁「工芸品からみたインダス文明期の流通」
  • フレッチャー、ダン・クリュックシャンク『フレッチャー図説世界建築の歴史大事典 : 建築・美術・デザインの変遷』片木篤ほか(訳)、飯田喜四郎(監訳)、西村書店東京出版編集部、東京、2012年。全国書誌番号:22171793ISBN 978-4-89013-681-0。原書:Fletcher, Banister, 1866-1953『Sir Banister Fletcher's A History of Architecture』第20版の翻訳。
  • 「インダス文明」101頁
  • 「モヘンジョ・ダロ」101, 103頁

関連項目編集

関連資料編集

脚注にないもの。出版年順

  • 平山郁夫『ガンダーラとモヘンジョダロ : 平山郁夫のスケッチブック』平凡社、1981年。NCID BN08269526
  • サンケイ新聞大阪本社『インダス文明とモヘンジョダロ展』サンケイ新聞大阪本社、1986年。NCID BA55885079
  • 『5:中央・南アジア編』エイベックス〈世界一周遺産紀行=Traveling over the world heritage〉、2002年。ISBN 4901736159、映像資料、DVD。
  • 島崎晋『目からウロコの世界史 : "読みやすさ""面白さ"バツグンの「通史」決定版!』PHP研究所〈PHP文庫〉、2006年。ISBN 4569667333NCID BA81748596
  • 長田俊樹『インダス文明の謎 : 古代文明神話を見直す』京都大学学術出版会〈学術選書, 064〉、2013年。NCID BB13661232。参考文献: p293-311。
  • 佐藤洋一郎、谷口真人(編)『イエローベルトの環境史 : サヘルからシルクロードへ』東京:弘文堂、2013年。全国書誌番号:22229455ISBN 978-4-335-75015-1
  • 小茄子川歩『インダス文明の社会構造と都市の原理』同成社、2016年。ISBN 9784886217400NCID BB22156048
  • 周木律『死者の雨 : モヘンジョダロの墓標』新潮社、2018年。ISBN 9784103369929NCID BB27124016
  • 西村幸夫(監修)「【第1章 古代文明の誕生】ギーザの三大ピラミッド、ツタンカーメン王墓、モヘンジョ・ダロ、パレンケ ほか」『るるぶ 歴史がわかる 世界遺産イラスト大図鑑』JTBパブリッシング〈こども絵本〉、2021年。ISBN 9784533143564

外部リンク編集

座標: 北緯27度19分45秒 東経68度08分20秒 / 北緯27.32917度 東経68.13889度 / 27.32917; 68.13889