モンキチョウ属(モンキチョウぞく、Colias)は、シロチョウ科モンキチョウ亜科を分類するの1つである。

モンキチョウ属 Colias
Clouded yellows (Colias croceus) mating Bulgaria.jpg
C. croceus mating, ブルガリア
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: チョウ目(鱗翅目) Lepidoptera
上科 : アゲハチョウ上科 Papilionoidea
: シロチョウ科 Pieridae
亜科 : モンキチョウ亜科 Coliadinae
: モンキチョウ属 Colias
学名
Colias
Fabricius1807
シノニム
  • Eurymus Horsfield, [1829]
  • Ganura Zetterstedt, [1839]
  • Scalidoneura Butler, 1871
  • Eriocolias Watson, 1895
  • Coliastes Hemming, 1931
  • Protocolias Petersen, 1963 [1]
  • Mesocolias Petersen, 1963
  • Neocolias Berger, 1986 [2]
  • Palaeocolias Berger, 1986
  • Eucolias Berger, 1986
  • Similicolias Berger, 1986
  • Paracolias Berger, 1986

本文参照

それらはしばしばclouded yellowsと呼ばれる。 北アメリカの名前"sulphurs"は、一般的にモンキチョウ亜科に使用される。 最も近い属は、イヌモンキチョウ属(Zerene)で[3]、モンキチョウ属(Colias)に含まれることもある。

Wing venation

この属は、北極地域を含む旧北区(東アジア、北アジア、中央アジア、中東、ヨーロッパ、ユーラシア大陸、北アフリカ)、新北区(北アメリカ大陸のうち、メキシコ北部以北)の地域全体で発生する。 それらはまた、南アメリカ、アフリカ、中国、インドにも見られる。 毛虫は特定のマメ科、例えばソラマメ属Vicia)を食べる。 したがって、ほとんどは雑草を保つことで有益だが、アルファルファのような作物の害虫になることもある。

一部の種では、雄の羽は鮮やかな紫外線反射を持っているが、雌の羽はそうではない。[4][5]

成虫の雄雌はさまざまな色の形を持っている。

この属のほとんどの種は、モンキチョウ亜科の場合と同様に、毒素または他の有害な化合物を食用植物から隔離しない。 したがって、それらは、関連するシロチョウ亜科モンシロチョウ属(Pieris)と比較して、昆虫食動物の獲物になっている。 このため、より軽快になり、捕食者になる可能性のあるものからの攻撃をよりうまく回避できるようにすることで、この欠点を補っている。[6]

この属について多くの研究を行った著名な鱗翅目学者にはJulius RöberJ. Malcolm FawcettGeorge B. JohnsonHenry Rowland-Brownが含まれる。

編集

アルファベット順に掲載:[7]

 
Danube clouded yellow (C. myrmidone)
左:表面、右:裏面

特徴編集

モンキチョウ属は、通常、黄色、オレンジ、または白の色合いである。 これらの表面外縁の黒い境界線を特徴とする(通常、雄ではしっかりしていて、雌ではしばしば薄い斑点がある)。 これらは常に翼を閉じた状態で止まるが、翼の表面の模様がかすかに見えるか、飛行中に一瞬見える。[8]

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ Bjorn Petersen, 1963. The male genitalia of some Colias species.Journal of Research on the Lepidoptera 1: 135-156.[1] Archived 2017-06-03 at the Wayback Machine.
  2. ^ Lucien A Berger, 1986 Systématique du genre Colias F: Lepidoptera-Pieridae Bruxelles: Imprimerie des Sciences, 1986.
  3. ^ Andrew V. Z. Brower (2006年11月16日). “Coliadinae”. Tree of Life Web Project. 2020年9月12日閲覧。
  4. ^ M. L. Lim & D. Li (2005). “Extreme ultraviolet sexual dimorphism in jumping spiders (Araneae: Salticidae)”. Biological Journal of the Linnean Society 89 (3): 397–406. doi:10.1111/j.1095-8312.2006.00704.x. 
  5. ^ Andrew V. Z. Brower (2006年11月16日). “Colias”. Tree of Life Web Project. 2020年9月12日閲覧。
  6. ^ Robert B. Srygley & Joel G. Kingsolver (1998). “Red-wing blackbird reproductive behaviour and the palatability, flight performance, and morphology of temperate pierid butterflies (Colias, Pieris, and Pontia)”. Biological Journal of the Linnean Society 64 (1): 41–55. doi:10.1111/j.1095-8312.1998.tb01532.x. 
  7. ^ colias, page on Markku Savela's butterfly website
  8. ^ Brock, J.P. & Kaufman, K. Kaufman Field Guide to Butterflies of North America. Houghton Mifflin, 2003, p. 60.

参考文献編集

  • Vladimir Lukhtanov & Alexander G. Lukhtanov, 1994 Die Tagfalter Nordwestasiens: (Lepidoptera, Diurna) V. Eitschberger 9783923807024
  • Joseph T. Verhulst (English translation R. Leestmans, editing E. Benton and R. Leestmans), 2000 Les Colias du Globe translation Monograph of the genus Colias Keltern, Germany: Goecke & Evers 9783931374150
  • Glassberg, Jeffrey Butterflies through Binoculars, The West (2001)
  • Guppy, Crispin S. and Shepard, Jon H. Butterflies of British Columbia (2001)
  • James, David G. and Nunnallee, David Life Histories of Cascadia Butterflies (2011)
  • Pelham, Jonathan Catalogue of the Butterflies of the United States and Canada (2008)
  • Pyle, Robert Michael The Butterflies of Cascadia (2002)

外部リンク編集