モンタギュー・ブランデル (初代ブランデル子爵)

初代ブランデル子爵モンタギュー・ブランデル英語: Montague Blundell, 1st Viscount Blundell1689年6月19日(洗礼日) – 1756年8月19日)は、イギリスの政治家。1715年から1722年まで庶民院議員を務め、1720年にアイルランド貴族のブランデル子爵に叙された。ホイッグ党所属[1]

生涯編集

第3代準男爵フランシス・ブランデル英語版と2人目の妻アン・インゴルズビー(Anne Ingoldsby初代準男爵ヘンリー・インゴルズビー英語版の娘)の息子として生まれ、1689年6月19日に洗礼を受けた[1]

1715年イギリス総選挙ヘイズルミア選挙区英語版から出馬して当選、貴族法案以外では常に政府を支持した[2]1722年イギリス総選挙では得票率で最下位になり落選、以降2度と出馬しなかった[2]。1720年11月22日[2]ブランデル子爵とキングス・カウンティのイーデンデリーのブランデル男爵(いずれもアイルランド貴族)に叙された[3]

1756年8月19日に死去、息子に先立たれたため爵位は断絶した[1][2]

家族編集

1709年9月、メアリー・チェットウィンド(Mary Chetwynd、1756年12月9日没、ジョン・チェットウィンドの娘)と結婚[1]、1男1女を儲けた[2]

  • メアリー - 1733年6月4日、ウィリアム・トランブル(William Trumbull)と結婚、子供あり
  • 男子 - 父より先に死去

出典編集

  1. ^ a b c d Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary, eds. (1912). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Bass to Canning) (英語). 2 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. p. 197.
  2. ^ a b c d e Sedgwick, Romney R. (1970). "BLUNDELL, Sir Montague, 4th Bt. (1689-1756).". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年8月3日閲覧
  3. ^ "No. 5876". The London Gazette (英語). 9 August 1720. p. 1.
グレートブリテン議会英語版
先代
ジョージ・ヴァーノン
サー・ニコラス・ケアルー準男爵英語版
庶民院議員(ヘイズルミア選挙区英語版選出)
1715年1722年
同職:サー・ニコラス・ケアルー準男爵英語版
次代
ジェームズ・オグルソープ
ピーター・バレル英語版
アイルランドの爵位
爵位創設 ブランデル子爵
1720年 – 1756年
断絶
アイルランドの準男爵
先代
フランシス・ブランデル英語版
準男爵
1707年 – 1756年
断絶