ヤカテクトリ(Yacatecuhtli)は、アステカ神話商人守護神

ボルジア絵文書のヤカテクトリ

「ヤカテクトリ」はナワトル語で「鼻(yacatl)の主(tēuctli / tecuhtli)」を意味する[1]

ヤカテクトリは商人(ポチテカ)が旅行で使用する杖を手にしている。ヤカテクトリ信仰は重要だったが、この神の性格については不明な点が多い[2]

ポチトランというヤカテクトリの神官のための建物があった[3]

シウポワリのパンケツァリストリ(第15月、グレゴリオ暦の11月ごろ)のテノチティトランウィツィロポチトリの大祭において、戦士が捕虜を生贄として捧げるのと並んで、商人たちは奴隷を生贄として捧げることが許されていた[2]。祭の前日に奴隷たちはポチトランに連れていかれ、そこでヤカテクトリのための祭が挙行された[4]

脚注編集

  1. ^ Townsend (2000) p.119
  2. ^ a b Miller & Taube (1993) p.112 "merchants"
  3. ^ Carrasco (2001) p.130
  4. ^ Townsend (2000) p.198

参考文献編集

  • Carrasco, Pedro (2001). “Calmecac”. The Oxford Encyclopedia of Mesoamerican Cultures. 1. Oxford University Press. pp. 130-131. ISBN 0195108159 
  • Miller, Mary; Taube, Karl (1993). The Gods and Symbols of Ancient Mexico and the Maya: An Illustrated Dictionary of Mesoamerican Religion. Thames & Hudson. ISBN 0500050686 (日本語訳:『図説マヤ・アステカ神話宗教事典』東洋書林、2000年)
  • Townsend, Richard F. (2000) [1992]. The Aztecs (Revised ed.). Thames & Hudson. ISBN 0500281327