ヤコブスハブン氷河

ヤコブスハブン氷河: Jakobshavn Glacier)は、グリーンランドの西に位置する氷河である。ヤーコブスハウン氷河とも表記する[1]グリーンランド語ではセルメック・クジャレック(Sermeq Kujalleq)と呼ばれる。イルリサットの近くに位置している。グリーンランドの氷山の10%を占め、毎年、フィヨルドから350億トンの氷山を運ぶ。

衛星からみた2001年以降の移動

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 小澤実・中丸禎子・高橋美野梨『アイスランド・グリーンランド・北極を知るための65章』明石書店、2016年、66頁。ISBN 978-4-7503-4308-2