ヤコブス・カプタイン

ヤコブス・コルネリス・カプタイン(Jacobus Cornelius Kapteyn, 1851年1月19日 - 1922年6月18日)は、オランダ天文学者である。天の川銀河の研究を行い、銀河の回転の証拠を発見した。全天で2番目に大きな固有運動を見せる恒星カプタイン星を発見した。1902年には、初めて絶対等級の考え方を提唱した[1][2]

ヤコブス・コルネリス・カプタイン
(Jacobus Cornelius Kapteyn)
Kapteyn2.jpg
ヤコブス・カプタイン
生誕 1851年1月19日
オランダの旗 オランダ バルネフェルト
死没 (1922-06-18) 1922年6月18日(71歳没)
国籍 オランダの旗 オランダ
研究分野 天文学
研究機関 ライデン天文台
フローニンゲン大学
出身校 ユトレヒト大学
主な業績 ケープ写真星表を出版
銀河系の構造を研究
主な受賞歴 王立天文学会ゴールドメダル(1902年)
ジェームズ・クレイグ・ワトソン・メダル(1913年)
ブルース・メダル(1913年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

生涯編集

バルネフェルトに生まれた。ユトレヒト大学で学んだ。1875年から 3 年間ライデン天文台で働いた後、フローニンゲン大学天文学力学理論の教授になり、1921年までその職にあった。

1896年から1900年の間、ケープ天文台のデービッド・ギルの観測写真を調べて、南半球の星表(『ケープ写真星表』)を出版した[3]。1897年、バーナード星に次いで固有運動の大きいカプタイン星を発見した。1904年に二恒星流説(恒星の運動がランダムでなく、反対方向に動く 2 組に分かれる)ことを唱えた。この説が後にベルティル・リンドブラッドヤン・オールトによる銀河系の運動の解明につながっていくことになった。1922年に著書のなかで、我々の銀河系の構造について、全体が直径約 40,000 光年のレンズ状で、太陽は銀河系中心から約 2,000 光年と比較的近い位置にあるとするカプタイン・モデルを発表した。レンズ型という形状は正しかったが、星間塵による光の吸収が正確に考慮されていなかったため、銀河系の大きさについての推定は実際よりも小さな値となっている。

受賞歴編集

命名

脚注・出典編集

  1. ^ Hughes, David W. (2006). “The Introduction of Absolute Magnitude (1902 - 1922)”. Journal of Astronomical History and Heritage 9 (2): 173-179. Bibcode2006JAHH....9..173H. ISSN 1440-2807. 
  2. ^ Kapteyn, Jacobs C. (1902). “On the Luminosity of the fixed stars”. Publications of the Kapteyn Astronomical Laboratory Groningen 11: 3-32. Bibcode1902PGro...11....3K. 
  3. ^ ヨアヒム・ヘルマンドイツ語版 著、小平桂一 監修 『カラー天文百科』 平凡社1976年3月25日初版第1刷発行、291頁。